ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鯉八塾で暴れ牛奇譚を合笑

今月の両国エンチョウ寄席は鯉八塾でした。入場時に特製暴れ牛バッジをもらいました。

楽天が平林。

鯉八さんは暴れ牛奇譚の一席目。

楽生師と好の助さんと小痴楽さんが生徒で鯉八さんが白衣の先生で登場します。客席も台本を手に笑うところと笑い方を教えてもらって、みんなで一緒にベストな暴れ牛奇譚を経験しようという斬新な趣向です。

そして二回目の暴れ牛奇譚。鯉八さんの指揮で笑いを合唱(合笑か)しているような不思議な経験でした。確かに、客席の反応次第で演者のノリが良くなって、笑いの好循環が生まれることがありますね。