ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鬼〆さんの粗忽長屋がキター

今日の福袋演芸場は五代目小さんの根多に挑むでした。

市弥さんは禁酒番屋。くせのない語りが魅力です。柳家の正攻法で取り組みました。

さん若さんは万金丹。物語に起伏がほとんどない難しい噺です。小さんの上品にとぼけた感じで演りました。

ろべえさんは天災。座っただけで吹いちゃうフラがあります。天災を学んだ八五郎の恥じらいが何ともかわいかったです。

鬼〆さんは粗忽長屋。演者自身の粗忽キャラにぴったりの噺で、粗忽っぷりに無理がありません。十八番になるでしょう。