ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

ぜん馬師の曲垣平九郎度々平だ

今日は立川流夜席です。

長四楼が愚者論におじず。

平林さんはその名の平林。名古屋弁も入ってドエリャー面白いです。つづく踊りは安来節じゃなくてかっぽれ。姿がきまる。上手いな。

志ららさんは代り目。

志遊師は鮑のし。師匠の持ち味がよく出た、明朗快活な甚兵衛さんがよかったです。

志ら乃師はヒザってことで珍しく漫談。最近の一門の話題で、師匠の芝居、らく兵さん、自著のこと、師弟愛など。

釈台が出てきました。ぜん馬師は何と講談! 寛永三馬術より曲垣平九郎と度々平。談志百席にも所収された一席です。思いがけずいいもの観せていただきました。