ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

茶楽師の起伏が巧みな寝床

今日は国立演芸場上席の夜です。

昇吾が犬の目。不思議な持ち味が出ています。

小笑さんは牛ほめ。ここだと細かいところもよく見えてよかったです。

遊馬師は禁酒番屋。侍も町人もくっきり鮮やかに演じて明快です。

小泉ポロンさん。初見ですがお客さんとの進め方を工夫していますね。

遊之介師はふぐ鍋。喰いたそうなところ、旨そうに喰うところが見どころです。

松鯉師は天野屋利兵衛の雪江茶入れ。心にジ~ンと余韻が響いて、後を観たくなりますね。

まねき猫おねえさん。通販仕立てもいい感じです。

金太郎師はお見立て。他の演者とは違って、喜瀬川がセクシーでゾクッとしました。

京太ゆめ子さん。京太さんカワイイ。

茶楽師は寝床。旦那のとまどいやはじらいまで感情の起伏が表情や間合いに表れていて、実に巧みです。