ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

染二師のしじみ売りが染みた

今日はJAL名人会です。

緑太がたらちね。

文菊師は七段目。憎たらしいほど芝居ぶりが達者です。ところで、楽屋を出る師匠がお洒落な自由ヶ丘ボーイでびっくり。絶対にわかりません。

雲助師は抜け雀。絵師の言葉、宿屋の主のこもごもの台詞の重みがずっしりきます。人物の存在感がハンパないです。

白鳥師は人体革命。奇想天外な内臓と脳の戦いに客席は笑いの渦です。脳内からサゲまでググッと盛り上げます。

ひびきわたるさんのキセル漫談~鶴の恩返し。いぶし銀の芸です。

染二師はしじみ売り。上方の熱~い人情が十日戎の凍える夜に染み渡ります。実力者のいい噺を堪能しました。