ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鬼〆さんの強飯にブハッ

今日は二ツ目勉強会でした。

緑太が狸札。狸がかわいいね。ちょっとした絶句にも愛嬌がありました。

喬の字さんはろくろ首。与太郎の松公のドタバタぶりが楽しい。それでも安定感があります。

ちよりんさんは新浮世床。健康ランドの座敷でうたた寝していたおばあちゃんの夢の噺です。

う勝さんは目黒のさんま。後半が殿様同士の会話になる、珍しいから不知火型とのことです。

市楽さんは寄合酒。威勢のいい江戸の町人は得意ですから文句ありません。

鬼〆さんは強飯の女郎買い。ハチャメチャに懸命に語る演者の人柄に惚れて、たまらずブハッと笑っちゃいます。