ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

風車さんのキレイな岸流島

早朝寄席に来ました。

市江さんはざる屋。前説が落ち着いてまして、流れるように噺に入って、ほころびもなく進むと......うれしいようなさみしいような気分です。

わさびさんは松山鏡。押さない、ほのぼの純朴な語り口がどこまでもじわっと沁みてきて、いいですね。

花ん謝さんは寝床。下手で気色悪い義太夫の節をどう掴んだのか、とても上手い。間合いが十分にとれてるんで、客席を引き込んで笑わせます。

風車さんは岸流島。町人はもちろん侍や先頭の所作が達者でキレイです。力が入るポイントの動作をキリッと演って、場が締まっています。