ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小南治師の名調子がチョー楽しい

そのまんま広小路亭定席へ。休日はまったり定席ですね。

遊かりが道潅。

蝠よしが金明竹

小曲改め遊里さんはたらちね。見違えるようにのびのびと演っていてグーです。

翔丸さんは強情灸。

八重子+1さん。

可龍師は反魂香。若手真打らしい工夫を織り込んだ正統派ってんで目が離せません。

小南治師は源平盛衰記。独特の口調も間合いもたまんねぇ~。「ダメぇ?」もいいなぁ。

D51さんに客席一同爆笑。

金遊師は真田小僧六文銭まで。この噺でベテランの風合いの語りは滅多に出会えません。どこまでも納得です。

お仲入り。

紫師は山内一豊出世の馬揃え(前半)と踊りのサービス。二階で木遣りの稽古~♪って粋です。

Wモアモアさん。

蝠丸師は珍しい夢八。叩く木を調子をとりながら、首吊りの演技が迫って、じわっと魅せます。

円輔師はあくび指南。年季の入った夏のあくびは超リアルで、思わずつられてリラックスしちゃいそうです。

南玉師の独楽。

とん馬師はつぼ算。よくあるマヌケ店主じゃなくて、しっかりしてそうな真面目な店主です。だから余計に感情移入して笑っちゃいます。