ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

平林さんの田能久がよかった

今夜は立川流夜席です。

長四楼が一目あがり。滑舌がまだ戻っていないかもしれないけど、根気よくがんばってください。

幸之進さんは蜘蛛駕籠。ちりとて以来、好調を継続中です。

平林さんは田能久。雰囲気づくりが難しいこの噺。田舎の空気感からうわばみの精までしっかり成功しています。江戸弁じゃない、いいネタを選んでいます。

談之助師は東京五輪物語。

龍志師は義眼。ヒザとして軽快に、そして滑稽に運びます。

談四楼師は浜野矩随。自身に重ねていく若狭屋の役づくりで盤石の構えです。さらに、練られたプロットはお客さんを「なぜ?」と悩ませずに終いまで連れていきます。作家ならではの気配りですねぇ。