ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鳳志師が充実の乳房榎通し

今日は両国寄席です。

愛坊は寿限無。鯛好さんは肥がめ。

小歌師は圓歌師作の月給日。子どもの頃に聞いた覚えのある懐かしい噺です。演目名を受付の前座さんに教えてもらいました。

真楽師は真田小僧

全楽師は新聞記事。気風がいい師匠、ここもキレがよくスカッと仕上げました。

兼好師は岸柳島。表情がいい師匠、船の客(熊と八?)が調子に乗るところなどホントに面白いです。

五九楽師は粗忽の釘。伊藤夢葉さんのムチと奇術。

トリの鳳志師は乳房榎。それもおきせ口説きから重信殺しまで通しです。個性的な役柄の演じ分けが表情に至るまで明瞭です。柳島の留守宅はもちろん、早稲田の料亭、落合の蛍の光景へと場の空気感も描いています。これからウイスキーやワインのように熟成していくのが楽しみな、充実した好演でした。