ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

福袋演芸場は原作のある噺

今回の福袋演芸場は、原作のある噺という趣向です。

志ん八さんは自作でこえんまの裁き。落語キャラがこえんまに裁かれる志ん八さんとしては軽いつくり。まくらのミエルの夫婦で新作はいかがでしょう。

粋歌さんは殿様の茶碗。小川未明原作とのことですが、苦労のあとが見えました。

彦丸さんは皿留。さすが竹の家すずめこと正雀師作品、小品ながらハラハラ魅せます。

小権太さんはチェーホフのかわいい女。そのままロシアの設定でしたが、舞台を幕末・維新に移してもまた面白そうです。