ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

談春師の最高に素敵な与太郎

談春師光臨で立川流金曜夜席は整理券を出すほどの満席でした。

春来が道潅。初めて見たけど骨は丈夫そうです。

談吉さんは野ざらし。若き日の談志を彷彿とさせる、この軽快な調子が好きだなぁ。

平林さんは勘定板から安来節。確かに踊りに愛嬌が加わって楽しさがアップしています。優勝して日本一になってください。

志の吉さんは五人廻し。昇進ショックのせいか、一段腕が上がってます。風変わりな客の色分けがあり、感情の機微がグッと出てきました。

錦魚さんは夏泥。家の男をどう演じるかで個性が表れますよね。悲壮感よりもしたたかさを立たせた好演です。

談春師は大工調べの序。これはもう落語史上最高に魅力的な与太郎です。談志の拓いた与太郎の可能性を見事に開花させています。