ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

昇々さんの不動坊で気づいた

雨の中、芸協の二ツ目勉強会です。

鯉○が小町から道潅まで。

あっぷるさんは木村重成。

昇々さんは不動坊。初演とのことですが....ヤバい。笑える。ここんところ昇々さんの古典に続けて出会っていて、「新作だと思って観ると面白い」ことに気づいたのです。他の人と比べずに、初見忘るべからずでね。

正二郎さん。

教官の金遊師は千早ふる。滅多に張らない、走らない追い込まない、引いた語りが心地よく、身体にも優しいですね。

和光さんは寄合酒。上方落語は犬がなぜ来るかとか、アズキを買いに乾物屋へ行く間違いとか、けっこう理屈を大事にしますね。それにしても、鯛のウロコとりの仕草が妙にかわいくて印象に残ります。

ぴろきさん。微妙に客席とからんでました。

夏丸さんは小言幸兵衛。お若いのにこの爺さんに挑むか....と思いきや、アクのないすっきり幸兵衛に仕立てていました。(マクラとサゲは考えすぎでしょう)