ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

おもろい八ゑ馬さんの抜け雀

今日は落協の二ツ目勉強会です。

緑太がやかん。この前に観たときよりグラつかずしっかりしています。

さん歩さんは首屋。三遊派のごく珍しい演目です。そして不思議な奇妙な噺家さん?です。

朝也さんはろくろ首。与太郎の松公の表情の変化が楽しい。愉快なあわてっぷりで仕上げました。

右太楼さんは替り目。人のいいうどん屋さんがグッドです。

喬の字さんは夏泥。人のいい泥棒さんのほうに感情移入した好演です。

八ゑ馬さんは抜け雀。上方落語だと雰囲気が変わって面白くなる噺ですね。江戸は劇画、上方は漫画といった違いです。

今日はみんなどこかサラッとしていました。これも季節柄でしょうか。