ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

雲水師のたちきれを堪能

今日は立川雲水独演会に来ました。

笑二は寄合酒。今日はちょっと疲れている?

雲水師の一席目はへっつい幽霊。江戸の風ならぬ河内の風が、気どらない師匠の持ち味。少しざらついた感じがタオル地みたいで心地よいのです。

二席目はなんと!たちきれ(たちきり)。前半は船場の商家の風情を味わい、後半の置屋の女将の回想が心にしみたところで、終いに地唄の雪が流れてくると泣けてきます。なかなか出会えない、上質なひとときでした。