ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

A太郎さん進境を示す文七

これからの芸協!チェンジ! 新作派と古典派を入れ替える試みです。東京かわら版に間に合わなかったとのことで、客入りが薄いのがもったいない。

鯉八さんは出来心。独特の雰囲気は出ています。なんともいえません。

小笑さんは昇々作ヒーローの復讐。本物はもっと長く楽しいようですが、あっさり10分かからず終わってしまいました。

昇々さんは粗忽長屋。やっぱり古典を演じると昇太師匠に似た可笑しさがあります。オッケーです。

翔丸さんは自作の品川の風。噺づくりも、口演も、落語への愛が感じられました。先輩の中でよくがんばった。

柳若さんはA太郎作ウサギとキリギリス。確かにキリギリスの微妙な具合がよくって面白い。

A太郎さんは文七元結。特に身投げの場ではぐぐっときました。先輩らしい堂々のトリで真価を見せました。2~3年前に比べると目覚しい進境を示しています。