ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小痴楽さん快調に崇徳院

陽ざしが出てきたので夜は両国エンチョウ寄席へ。

楽天が三遊派の牛ほめ。スカ(音楽でいう)が入る特有の調子がある。ダンサーの個性でしょうか。

昇也さんは短命。この噺は新婚にも合ってますね。さわやかさな持ち味が際立ちます。

好の助さんはキンをつねる粗忽の使者。まだ本気出してないだけ、です。

橘也さんは円生が禁演から発掘したにせ金。ネタおろしですか。円楽党がかさねてキンをつけてトリを立てます。

小痴楽さんは崇徳院。若旦那はお手のもの。追い込まれた熊さんの仕草も楽しかった。大旦那や女房との場で腰が落ち着けばさらによいはずです。