ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

雲水師の猫忠に感激!

今日は立川流夜席です。

笑二が寄合酒。楽しそうに語りながらも、メリハリをつけて調子よくまとめます。まさに伸び盛りですね。

祝二ツ目の志のぽんさんは新聞記事。ひょろっと声もか細いけど、センスはよさそうなので、たくましく育ってほしいです。

春吾さんは崇徳院。ここまで二枚目(鯉斗さんや昇々さんより端正)だと、落語家には不利(宮治さんや笑二と比べても)だよねぇ......楽しみです。

談幸師は厩火事。お崎がとてもかわいいっす。客席の女性のハートをつかんでます。

祝真打の談修師は芋俵。黒紋付きが似合ってきて、語りにウェイトが載ってます。

雲水師は猫の忠信。上方の猫忠、観たかったんですよ。女房おとわの針仕事から常吉の男っぷりまで、くっきり(千本桜四段目を下絵に)描いて、じつにカッコよく面白い猫忠でした!