ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

正雀師、爽やかに江戸の夢

今日はカタログハウスの新橋たっぷり寄席です。

駒松が出来心。

正雀師はまず宿屋の富。

文治師は釈迦の逸話~善光寺の由来~お血脈というフルコースです。本当に力が要るんですよね。パワフルな地噺を最後まで満喫しました。

仲入りをはさんで、正雀ー文治対談。歴代の文治のケチ競べが面白かった。

正雀師のトリネタは江戸の夢。劇作家宇野信夫が円生に贈った噺とのことで、まさに茶のような爽やかな味があります。