ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

円遊師の山崎屋、老舗の風情

医者の帰りに広小路亭定席に寄り道しました。

鯉んが寿限無

翔丸が初天神。来月に二ツ目昇進とのことで、うれしそう。おめでとう。

松之丞さんは義士銘々伝・勝田新左衛門。語りに迫力がノッてきました。マクラやクスグリなんか要らない感じです。

昇也さんは短命。さわやかな語りと笑顔がいいですね。

一矢さんは相撲甚句・北斗星。景色の浮かぶ素敵な詞です。

鯉橋師は犬の目。荒唐無稽を楽しませる、意外に難しい噺です。

春馬師は時うどん。時そばよりも凝った構成が、いかにも上方という噺です。

八重子+1さん。

円遊師は山崎屋。老舗を舞台にした噺に、ベテランの深い語りがマッチして、何とも心地いいですねぇ。

お仲入り。

クイツキの夏丸さんは夫婦の置き手紙。柳ヶ瀬ブルースを一節サービスしてくれました。

コントD51さん。

昇乃進師は真夜中の幽霊タクシー。

円輔師は十八番の親子酒。婆さんまでがいい感じにそこに居ます。

まねき猫ねえさんは枕草子

幸丸師は常磐ハワイアンセンター物語を熱演。映画「フラガール」でも知られる話です。スパリゾートハワイアンズよりも、福島県ゆかりの者としては、やっぱり「ハワイアンセンター」ですよね。