ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

志らく師のらくだは絶品!

志らく師が光臨する立川流夜席に駆けつけました。

寸志がつる。明るさ、柔らかさがノッて、もう二ツ目でもいい腕前だと思います。

談吉さんは手紙無筆。赤髪から黒髪に戻して、直系らしい調子も戻ってきました。

らく朝さんは新作。

談四楼師は権助魚。おかみさんに師匠ならではの味がありますね。

雲水師は殿集め。上方らしいにぎやかな噺です。ヨコネの説明がウケてました。

志らく師はらくだ。しかもフルでたっぷり演ってくれました。師匠の語りは人物がとにかく愛らしく息づいています。これぞ立川流の真髄ですね。