ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

こしら師が宗珉の滝を料理!

今日はこしらの集いでした。三四楼さんが勝手にセーラームーンでスベっていった。

こしら師の一席目は風呂敷。練られて熟成してきました。

二席目はなんとなんと宗珉の滝! です。

金明竹でおなじみの、横谷宗珉小柄付きの脇差し由来の大ネタですが、ちゃんと現代人が楽しめる“こしららくご”に仕上げています。

古典の可能性を満開にして現代に息づかせようという立川流の使命を担う、真打ちらしい立派な仕事です。(志の輔師もこの噺、持っていますね)