ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

松鯉師の肉付きの面に感激

年一度の日本講談協会祭。ホントにお祭りみたいな楽しさでした。

真紅が狼退治。ツンデレ感あふれるヤバい表情がたまりません。

あっぷるさんは人魚の海。

松之丞さんは情け相撲。その語りは、揉まれ揉まれて日に日に逞しくなっています。

阿久鯉師は蘇生の屏風。気っ風のいい講談をもっと観たいので、もっと観に行きます。

陽司師は父とハイセイコー。競馬ファンとして、共感できる一席でした。

愛山師は土方桜。作者の荒井至さんに敬意を表していらっしゃいましたが、愛山師がここまで趣豊かに語って息づくのですね。

仲入りはお楽しみ抽選会でした。願いは通じるもので、阿久鯉師の素敵な藤色の手拭いをいただきました。

昌味師は中江兆民。鼻くそで攻めてきますか。

紫師は妲己のお百・十万坪。その巧みさはドラマを観るようです。

紅師は黒田如水

松鯉師は肉付きの面。芸道と職人魂の交流は日本の生命線ですね。こりゃ凄い!