ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

右太楼さんの愛宕山で爽快

今日は落協の二ツ目勉強会に行きました。

けい木がやかん。

さん弥さんは雑俳。軽妙さの中に、怪しい存在感がじわっと出てきます。

馬治さんは天狗裁き。重く薄く演っていると感じました。

朝也さんは百川。ケロッとした百兵衛さんが愉快でした。

鬼〆さんは花見小僧。どこまでも面白い人だなあ、人柄で笑っちゃう。これもフラですかね。

右太楼さんは愛宕山。幇間の一八の表情になんとも愛嬌があり、所作もよく練れていて、気分爽快に楽しみました。新しい一面に出会った気がします。