ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

師匠の十八番を競って福袋

福袋演芸場、今日は師匠の十八番で競演という趣向です。

志ん吉さんは熊の皮。いい具合に力が抜けていてグッドです。

馬吉さんは長屋の花見。渋みのある語り口が聞きやすくて心地よいですねぇ。

ほたるさんは幽霊の辻。まさに権太楼師匠ゆずりの飄々とした面白さです。

時松さんは試し酒。田舎者はどうかなと思っていましたが、久造の豪快な酔いっぷりが見事で感心しました。

みなさん師匠リスペクトの好演でした。