ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

こしららくご、だくだく!

つぎは立川流夜席です。

がじらが十徳。

らく兵さんは親子酒。練れてきたが、息子に追っ手が来るフレーズはどうする?

志奄さんは千早振る。余裕は出てきましたね。

談之助師が落語界を斬りました。

談之助師と志奄さんでこしら真打の披露口上でした。これは貴重な立ち合いです。

錦魚さんは猫の皿。店主のキャラが含んでいて、いい味が出ています。

こしら師はだくだく。川のつもりや忍者のつもりを盛り込んだ奇想天外なこしららくごで、ファンとして満足しました。