ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鳳楽師の夢金で気づいたよ

まずは、お江戸寄席です。鯉津が牛ほめ。

可女次さんは持参金。今風の醜女好き設定は何人か観ましたが、まだまだ可能性がありますね。春先は声がかれますね、お大事に。

一邑師は愛宕山梅花の誉れ。技巧に依らない正統な調子が心地よいです。

談幸師は阿武松。サービスたっぷりなんだけど媚びない師匠です。

お仲入り。

マグナム小林さん、演歌師を効かせて今日はウケました。

鳳楽師は夢金。船頭の酒手ねだりの独白がさすがです。この噺が元々語り継がれてきたのは、侍や娘の物語よりも船頭の愛すべき滑稽さなのだと気づきました。