ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鯉橋師、圧巻の心眼で卒業

鯉橋師卒業公演の研精会へ行きました。

市助が一目あがり。

志ん吉さんは親子酒です。若い人には商家の旦那の酔い方は難しいですね。

こみちさんは調子よく鮫講釈(兵庫船)です。

夢吉さんは干物箱。くすぐり沢山に一所懸命やってくれます。

市楽さんはヒザらしく明るく、ん回し。声は大丈夫でした。

鯉橋師は心眼。梅喜とお竹の心情をしっとりと描き、上総屋と小春までくっきりと演じ分けていきます。目覚めの悟りまで完璧でした。

4月から昇々さん、その次から宮治さんが新たに研精会メンバーになるそうです。ここはハイレベルなんで、しっかり応援しましょう。