ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

文左衛門師の手紙無筆に唸る

北風に負けず両国寄席へ行きました。

中年前座の楽天が寿限無

文左衛門師は巧みに手紙無筆。シリアスに演ることで、逆に可笑しくなって笑えるんだとつくづく感心しました。

二ツ目昇進の鯛好さんは家見舞です。

枝太郎師は面白いなぁ、お花半七(宮戸川)。この頃は、どことなく余裕が感じられます。

談幸師は天狗裁き。本寸法で笑わせる師匠の流儀が、効いてました。

とん楽師は幇間腹。クセのない話し方でわかりやすいです。

お久しぶりです、ミスター梅助さん。

王楽師は現実感溢れる新作・上円師匠。噺家を主人公に据えた、人情噺であります。

今日は師匠方が四派揃って、それぞれ持ち味をぐっと出していてよかったです。