ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

初花さん情感溢れるうどん屋

今日の協会の二ツ目勉強会は、みんなすごくよかった。

いっぽんは弥次郎です。(前座ですが)声も図体も大きくていいねぇ。

才紫さんは武助馬。もたつかない口調が活きて、馬の中までもシャキッとキレ味よいです。

志ん公さんは棒鱈。侍がベタつかない語りの上手さ、座敷の中の会話と座敷の切り替わりと噺の流れの間合いの取り方が光りました。

たけ平さんは明烏源兵衛と多助の台詞一つ一つでもれなく笑いをとっていく、かなりの力があります。これから年をとって、大旦那の人物像が深まると敵なしですね。

歌太郎さんはだくだく。力がこもっていて細かいところにも気配りが効いている、充実した高座でした。

初花さんはうどん屋。酔っ払いの人柄、哀愁漂うまじめなうどん屋の描写が素晴らしい、情感溢れる演出が効いてます。まさに真価を発揮しました。