ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

天野屋利兵衛は松鯉でござる

今日は日本橋亭でお江戸寄席でした。

くま八が、すべったりころんだりしながらふんばって、雑俳。

神田すずさんは黄門記の序。

夏丸さんは、そんな女のひとりごとを一節唄ってから、堂々の阿武松です。昭和歌謡も相撲も得意なんで安心して楽しめました。

マグナム小林さんは、最近パイノパイ節(東京節)を入れています。この手のレパートリーを増やしてほしいな。

いよいよお目当ての松鯉師の登場です。天野屋利兵衛をたっぷり。迫真の語りにして、どこか癒される響きは、極上です。