ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

新宿立川流が談笑力で蘇生

立川流金曜夜席が、談笑パワーで20人と蘇生しました。

中年の星・寸志が明らかに爽やかになっててイイ! もう二ツ目になれたのかな? 金明竹です。

志奄さんは権助魚。

キウイ師は深刻なつる。新宿を実験的な試みの場所にしたいそうです。

初参戦の談笑師は、抱腹絶倒のウラ話そして堀の内。昔の過激な改作の思い出は、楽しく懐かしかった。

志ららさんは親子酒。

ぜん馬師は、回向院猫塚の由来・猫定をじっくり演ってくれました。

お客さんが増えて、みんなのやる気が出て、今夜は最高ですね。