ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

笑松さん懸命に抜け雀

日本橋亭の二ツ目勉強会に行きました。

小笑さんは町内の若い衆。久しぶりですが、シブおかしい独特の語り口が板についてきていて、笑えました。

蘭さんはアマテラス。豪華な唄入りを披露してくれました。古事記の噺をシリーズで作ってください。

サイコーサイコーのひでややすこさん。

金遊師は千早振る。張らない淡々とした語りが魅力の師匠です。それがリアルなおかし味を出すし、メリハリも生むんですな。

小蝠さんは猫久。かなり太りましたかちょっと重いけど、実力は十分で安定感は抜群でした。

初音さんは落ちた金輪回しをやり直すところが素敵でした。

笑松さんは抜け雀。本当に懸命に演っていました。困ったような地顔なんで、その必死にゆがんだ顔に思わず笑ってました。

やっぱり落語っていいな。