ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

定席も雪のにぎわい

雪ん中の、広小路亭定席です。

鯉〇が小町。

鯉津が牛ほめ。じわじわウケてる。

風子さんは転失気。息子さんも珍念も可愛い!

笑好さんは片棒がんばってます。金太郎、銀次郎より、鉄三郎のキャラが今風でわらえます。

京太ゆめ子さん。

柳之助師は家見舞(肥がめ)。抜群の安定感ですね。

歌春師は加賀の千代。お久しぶりです。

大神楽は正二郎さん。

小柳枝師は井戸の茶碗。噺の中に包まれていくような、心地よい語りです。

お仲入り。

紅師は雪にかけて鉢の木。平場調子が格調高く響きます。

青年団さん。

今輔師は「札ワン」。カリスマよりも面白いです。

左円馬師はじっくり時事放談で世界を斬りました。

美由紀さんの踊り「梅にも春」が素敵です。

トリの寿輔師は「焼肉戦争」。

結局、お仲入り後は古典落語なかったなぁ。外は雪で交通が大混乱でした。