ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

研精会月島公演は、たっぷり

今日は研精会の月島公演の夜席です。

開口一番が前座ならぬ番頭の遊一さん?で転失気。

来秋に寿・真打の小駒さんは、張本人の番頭までが爽やかな持参金。

鹿芝居や宙返りで活躍の志ん吉さんは、権助芝居。

市楽さんは、言い立てを元気に鮫講釈。

一之輔師は、爆笑派の顔を抑えて本格志向の夢金。

こみちさんは師匠たちを語りながら、軽く小粒。

夢吉さんは、どうしていこう疝気の虫。

長びいている捻挫をお大事に、鯉橋師は宿屋の富。

研精会は、やっぱみんな上手だ。