ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

ろべえさん、迫真の心眼

今日は池袋演芸場で協会の二ツ目勉強会でした。

体のデカいいっぽんが桃太郎。

喬之進さんはいつも余裕たっぷりです。ここも真っ当に、のめる。

市楽さんはカラッとさわやかが持ち味です。幇間腹

ぬう生さんの位牌屋は合ってますねぇ。ケロッとしたいい風味です。

今日の喬の字さんは、黄金の大黒で力量を示してくれました。

トリのろべえさんは迫真の心眼でした。丹念に梅喜の表情(気持ち)の移り変わりを紡いできました、その姿勢にとても好感が持てました。

あまり梅喜の人柄に踏み込んでしまうとややこしくなる、難しい噺です。お竹が醜女といういくつかの台詞が、客に‘イヤだな’と嫌悪感を抱かせるか、‘ナヌ?’と違和感~期待感を抱かせるか、なのかと今日は思いました。