ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

がんばってたね、芸協広小路

上野に移って広小路亭の定席です。

鯉和が狸札。吉好が宮治っぽい正直な熊の皮。

朝夢さんの片棒は、粋なところがいいね。

雷太さんは続・寿限無で十分楽しんだところで、サービスで踊ったかっぽれがこれまた迫力あります。

ここで一矢さん。相撲甚句、みな声出してました。

可龍師は、若いわりには上手いと何年も思ってる、野ざらし。

夢花師が安心の禁酒番屋。

ここで小天華さん。客席と馴染んでました。

茶楽師の達者な品川心中を、親方の賭場までたっぷり味わって、仲入り。

クイツキは神田京子さんで、青竜刀権次爆裂お玉の序でした。

ここでコント青年団。リストラの素材が、男性客のシニカルな笑いを誘いました。

円馬師は、讃岐うどんみたいな語りのコシが好きなんです。弥次郎も面白かった。

調子のよい?助六師は、春雨宿。エンジンかかって、語り始めるとすごいんだよ。

ヒザで健二郎さん。

トリで大丈夫なのか......今輔師はハードボイルドのカリスマ。まあ、そこそこウケていて、ひと安心。