ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

馬治さん、風呂敷ウマし

今日はまず池袋演芸場の福袋演芸場です。柳派対馬派ですか。

ろべえさんの看板の一は、長身を活かして親分をしっかり演って、メリハリが効いていました。

右太楼さんは酔いの深さがバタッと替わる不思議な酔い方だけど、そこは柳派らしく楽しく笑える親子酒です。

真面目な馬吉さんは、実に真っ当な家見舞をしっかり演ってくれました。

トリの馬治さんの風呂敷は、噺の本来もつ面白さを十分に引き出しきったところに、好感がもてます。エグ味もなくて、上等の仕上げです。