ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

新作桃太郎に、こしららくごの予感

今日は日本橋亭でこしらの集いでした。

真打ちにふさわしい「こしららくご」の誕生を予感した夜になりました。広瀬さんの組む爆笑派との他流試合も、こしらスタイルの形成を促しているのかもしれません。

一席目は新作!の桃太郎っていうか、すもも鬼太郎? 持ち前のイリュージョンセンスを満載し、クライマックスまで惹きつけるストーリーテリングは、並みの力量ではできません。続編さえ期待できそうです。

二席目は古典の禁酒番屋。のどや胃に喋らせる導入でつかみ、自在に番人との応酬を脚色して、どこまでも飽きさせません。そして、小便を飲ませて終わらず、定吉の機転から後に新たなサゲを持ってくるところなど、なかなか意欲的。