ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

国本武春、やっぱかっけー

今日は内幸町ホールでJAL名人会でした。開口一番はおじさんで牛ほめ。

天どんさんはなんと女房が金髪!?のタラチネ。変な英語と京都弁が混ざった不思議な言葉が客席を笑わせます。

菊志ん師は機内でリラックスできるよう、気楽に楽しめる堀の内。

国本武春師のナマ弾き語りはやっぱりかっけー!! 忠臣蔵、グルーヴィな殿中刃傷からバラードの田村邸の別れ。

ヒザでパックンマックン。

トリの夢丸師は江戸の情景を織り交ぜてしみじみと語る初音のお松。ずっと聞いていたいほどからだにやさしかったけど、出世の糸口まで。お元気でいてください。