ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

ぜん馬師、談志ゆずりの品川心中

今日は地元で荒川落語会でした。お客さんの入りも上々です。

鳳笑さんは好調。饅頭怖いがこつこつウケて、いい調子を作る。

幸之進さんの芋俵は、前座の頃からよかった。ほのぼのなつかしい。

志遊師は、今日は客席に合わせた大安売りできっちり笑いをとる。

楽松師が王子の狐。

巧者・鳳志師はお馴染みの試し酒。何度観ても楽しめます。

トリでぜん馬師が品川心中。親分の博打場に金造が現れた騒ぎをクライマックスに盛り上げていく、まさに談志ゆずりの力量でしょう。