ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

広小路亭で立川流を堪能

立川流広小路寄席に移りました。満席です。

謎の男、志のぽんが、なぜか立川流では珍しいやかん。大師匠のやかんはまさに革命でしたね。

幸之進さんの岸流島は、かなり馴染んできて笑いをとる余裕も見えてきました。

志らべさんは、ローマとか小向井とかクスグリの効いたおなじみ長短。

錦魚さんは目黒のさんま。

キウイ師は、ブラック師匠のSM大喜利での思い出から、昇太作のリストラの宴。

談四楼師の巧みな描写による浜野矩随で、仲いり。

くいつきは、痴漢を退治した平林さんで、つると大会3位の安来節

談奈さんブッチは残念。

談之助師は、力強くパパンパンと腿を叩いて五目講釈。

里う馬師の粗忽長屋は、八五郎が威勢のいい江戸っ子でノリがいいです。

トリの龍志師は、棟梁の寂しさや後悔が混ざった情感がしっとりにじむ子はかすがい。