ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

春樹、うまくなってた

今日は広小路亭の立川流夜席でした。客は5、6人だったけれど、空気はピシッとしまっていました。

春樹がうまくなってた。八五郎と隠居の演じ分けが効いた、余裕もメリハリもある道潅でした。春頃はちょっと元気がなくて心配だったけど、うれしいね。

志獅丸さんはどっしりした似合いの強情灸をしっかり。

ぜん馬師匠が狸札。師匠の狸は意外にはじめて聞いた気がします。

談修さんの紙入れは、新吉はよし。

ヒザのキウイ師がお馴染みの師匠の思い出噺。刺身のない寿司の噺はホント?

文字助師は十八番の一つ阿武松。相撲噺は師匠ですね。聞き惚れました。