ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

かゑるさん フレッシュな鼠穴

二ツ目勉強会です。 まんとが寿限無。 圭花さんはおしくら。しっかりした語り口です。 小駒さんは素人義太夫。マイルドな語り口です。 一蔵さんは佐野山。相撲の熱く力強い語りです。 青森さんは粗忽長屋。斬新な雰囲気があります。 かゑるさんはねずみ穴。…

こんなときには しのばず寄席

しのばず寄席です。昼の部から。 伸び太が思いっきり道具や。 幸之進さんはいい感じに洒落番頭。 左平次師はしっとりソフトな転宅。 ミスター梅介さん。 文治師は明るく楽しく演じる笠碁。 紅師は白子屋政談の髪結新三前半。 やなぎ南玉さん。 鳳楽師は大旦…

柳之助師 熱い人情の文七元結

浅草演芸ホール中席(後半)夜の部です。 幸太が芋俵。 昇吉さんはお花を摘みに(?)。 新山真理さん。 小夢師は七福神(かつぎや)。 昇乃進師は取り調べ中。 コント青年団さん。 柳橋師は魚根問。 談幸師は短命。 山上兄弟さん。 桃太郎師は秘伝書(夜店風景)。 …

こしら師 竹の水仙の宗珉の滝

立川流夜席です。 半四楼がつる。 だん子さんは師匠が蔵之介のたらちね改。 吉笑さんは入れ子で大変だぁ桜の男の子。 志ら乃師は気分を変えてしんみり三年目。 キウイ師は漫談と柴を刈らずに草刈った。 こしら師は竹の水仙の入った宗珉の滝改。奇才ぶり健在…

文菊師 本領発揮する火焔太鼓

浅草演芸ホール上席千秋楽夜の部です。 まめ菊が手紙無筆。 わん丈さんは滋賀の國隠し。 菊志ん師は胡椒の悔やみ。 アサダ二世さん。 寿昇進の市若さんは堀の内。 馬石師は浮世床の夢。 小菊さん。 三三師は釜泥。 しん平師は漫談無観客試合。 紙切りは楽一…

全楽師 わかりやすイイ持参金

両国寄席です。 西村が孝行糖。 鯛好さんはスラスラとつぼ算。 兼太郎さんは落ち着いて雑俳。 真楽師はサラッと真田小僧。 左橋師はよい加減の長短。 楽京師ははりきってちりとてちん。 朝橘師は元気よく茄子娘。 太神楽は花仙さん。 全楽師はわかりやすい持…

鯉昇師 面白味が満開の質屋庫

しのばず寄席です。 幸太が十徳。 羽光さんはペラペラ王国。入れ子の回想で吉笑です。 コントは週刊少年ハートさん。 兼好師は短命。間も仕草も自由自在に笑わせてます。 一邑師は秋色桜。上野の山の開花が待ち遠しいです。 マグナム小林さん。 鯉昇師は質屋…

左談次師を偲んで 日暮里寄席

立川流日暮里寄席は、はたらいた左談次追善興行です。 縄四楼がつる。 わんだ師は風変りな寿限無。 志らべ師は爽やかに長屋の花見。 談修師はきちんと長短。 里う馬師は艶のある短命。 談吉さんはのどかな権兵衛狸。 寸志さんは朗らかに大安売り。 志ら乃師…

研鑽を重ねる 芸協二ツ目たち

二ツ目勉強会です。 昇りんが子ほめ。 鯉丸さんは道具や。確かに稽古を積んでいます。 伸しんさんは茶の湯。長屋入りフルで挑みます。 山上兄弟さん。 遊吉師は紀州。多彩なマクラがためになります。 竹三さんは軽業講釈。芸達者のにぎやかさです。 小すみさ…

雲助師 温かな人の心の幾代餅

JAL名人会です。 市坊が転失気。 愛橋師は狸札。古典を明るくわかりやすく演じます。 小せん師は弥次郎。走らない長閑な運びが素敵です。 扇生師は不動坊。クリアなパワーのある語り口です。 新山真理さんは鉄板の巨人軍の納会。 雲助師は幾代餅。人々の…

猫は百栄師 バイオレンススコ

池袋演芸場下席2日目です。 杏寿が子ほめ。 一花さんは幇間腹。 朝七改メ朝枝さんは真田小僧。 門朗改メ文太さんは宗論。 のだゆきさん。 文菊師は長短。 おさん師は大工調べ。 お仲入り。 ぴっかりさんは権助提灯。 一之輔師は長屋の花見。 ストレート松浦…

小もんさん柳派の味わい 笠碁

研精会です。 扇ぽうが転失気。 遊京さんは長屋の花見。のどかな語り口の貧乏です。 昇々さんは金明竹。昇々流だと気持ちよく笑えます。 㐂いちさんは辰巳の辻占。妙に軽い二人が愉快です。 緑太さんは看板のピン。しっかり見応えがあります。 小もんさんは…

吉笑さん ズレてるカレンダー

サニーホールで立川吉笑独演会です。 縄四楼がたらちね。 吉笑さんの一席目は道灌。古典でもたくさん笑いをとります。 寿昇進の談洲さんは珍フライトのやおよろずの神ですか。 お仲入り。 吉笑さんは軽く鬼ヶ島の猿わん。 そしてトリはタイムトラブルのカレ…

柳好師 優しい心の通うねずみ

伝通院寄席です。 遊七さんは元犬。 金也師は天災。謹厳実直な語り口です。 遊之介師は時そば。精魂込め演じます。 歌助師はためになる着物講座~猫の皿。 柳好師はねずみ。優しい心が通います。

燕弥師 ステキな源兵衛の明烏

なかなかハイレベルな板橋落語会です。 八ゑ馬さんはつるるで盛り上げてつる。 無事帰国した小せん師は元気に強情灸。 織音師は嫁姑の糞は異なもの味なもの。 さん光さんは程よい滑稽味の粗忽長屋。 三朝師は酔っぱらいが愉快な蜘蛛駕籠。 燕弥師は源兵衛が…

志ら玉師 堂々たる構えの鼠穴

立川流夜席です。 つばなれをまえに縄四楼が浮世根問。 健康的に暮らすだん子さんは転失気。 二ツ目に寿復帰の志ら鈴さんは元犬。 談四楼師は軽さに風味がある権助魚。 落語ディーパー吉笑さんは舌打たず。 志ら玉師は堂々たる立川流のねずみ穴。

志ん輔師 心技体充実の幾代餅

浅草演芸ホール中席夜です。 市松がたらちね。 こはくさんは初天神。 志ん五師はざる屋。 アサダ二世さん。 朝七改メ朝枝さんはやかん。 菊太楼師は饅頭怖い。 にゃんこ金魚さん。 木久蔵師は後生鰻。 しん平師はフランス料理。 紙切りは正楽さん。 伯楽師は…

大入りの広小路亭 たっぷりと

お江戸広小路亭上席後半の千秋楽です。 幸太が芋俵。 音助さんはのめる。 小柳師はうなぎ屋。 一矢さん。 夢丸師は饅頭怖い。 柳之助師は長屋の花見。 コント青年団さん。 柳好師は幾代餅。 お仲入り。 紅師は義士討ち入り。 ぴろきさん。 今輔師はど~も。 …

雷蔵師 円熟味で魅せる黄金餅

国立演芸場上席夜の部です。 馬ん次がん廻し。 晴太さんは丁寧に粗忽の釘。 ねずっちさん!! 小柳師は盛り上げる鼻ねじ。 東京丸京平さん。 伸治師は爆笑のあくび指南。 笑好師はハラハラの動物園。 円馬師は達人の厚みの天災。 独楽は南玉さん。 雷蔵師は…

来る春が待ち遠しい 両国寄席

この冬一番の寒さの中、両国寄席です。 しゅりけんが子ほめ。 兼太郎さんは浮世床の将棋と芸。 栄豊満さんは堀の内。 めぐろさんはニワトリ。 好太郎師はしの字嫌い。 楽松師は親子酒。 竜楽師は時そば。 ニックスさん。 鳳楽師は長屋の花見。 鳳笑さん楽大…

扇辰師 人情味溢れる徂徠豆腐

池袋上席夜です。 乃ゝ香が桃太郎。 こはくさんは他行~金明竹。 菊太楼師は短命。 笑組さん。 歌武蔵師は相撲あれこれ。 志ん弥師はシブい権助魚。 翁家和助♡小花さん。 小団治師は長屋の花見。 志ん輔師は芸達者な七段目。 柳朝師は持参金。 一朝師は達人…

談四楼師 情の工夫の浜野矩随

立川流日暮里寄席です。 縄四楼が牛ほめ。 只四楼さんはくすぐり沢山の時そば。 寸志さんは名字ヒエラルキーの小林。 志らべ師は時事ネタ盛り込み親子酒。 雲水師は思い切り盛り込んでる宗論。 わんだ師は愉快な遠山の金さん制度。 談之助師は笑点エピソード…

駒治師の初トリ! 助っ人の詩

池袋演芸場下席です。 門朗が道灌。 志ん松さんは近日息子。 志ん五師はアサダ二世から水族館の序。 菊志ん師は堀の内。 一風千風さん。 彦いち師はメタ落語という話はどう? 円太郎師は締め込み。 天どん師は殺し屋のはじめての確定申告。 文蔵師はのめる。…

文治師 人情味熱くラーメン屋

JAL名人会です。 扇ぽうが元犬。 ぼたん師は権助提灯。女の意地の張り合いが楽しめます。 金朝師は孝行糖。高らかに響く売り声にハリがあります。 文治師はラーメン屋。あふれんばかりの熱い人情味です。 タイムマシーン3号さん。 談笑師は千早ふる。何…

けい木さん 腕を上げ大工調べ

二ツ目勉強会です。 市坊が寄合酒。 花ごめさんは堀の内。可愛げのある粗忽です。 八ゑ馬さんは親子酒。上方のは笑い沢山です。 市江さんはもぐら泥。適度なおとぼけ感です。 歌実さんは式場予約。師匠譲りの軽快感です。 けい木さんは大工調べ。腕を上げシ…

文菊師 風格まで刻んでねずみ

はなし亭です。 菊之丞師はふぐ鍋。幇間のたたずまいを巧みに演じます。 こみち師は黄金餅。どこかほのぼの感があって素敵です。 文菊師はねずみ。右兵衛と甚五郎の人柄と風格が見事です。

市童さん 仕草も効かせて夢金

光る二ツ目の会です。 菊一がたらちね。 辰乃助さんは手水廻し。うまく長頭が回っています。 こはくさんは粟餅。めったに出会わないヤバさです。 白浪さんは将棋の殿様。飄々とした殿様が愉快です。 市童さんは夢金。仕草にまで気を配ってる好演です。

個性を味わって 二ツ目勉強会

二ツ目勉強会です。 壱福が寿限無。 竹千代さんはだくだく。吹き抜けと散弾銃です。 希光さんはふぐ鍋。なかなか旨そうなお鍋です。 コントD51さん。 談幸師は試し酒。気持ちのいい呑みっぷりです。 鯉白さんは決まってない。スマホの依存症です。 和妻は…

一鶴一門若手の会 鶴瑛のWA!

鶴瑛のWA!です。 一記が本多作左衛門重次意見の釜割。 凌天が鳥居四郎左衛門と成瀬藤蔵の湯水の行水。 いちかさんは堂々たる長門守木村重成の最期。 一乃師は正直の頭に神宿る正直車夫。 銀冶さんは格調高く義経と弁慶の出会い五条の橋。 鶴瑛師は吉例十二…

茶楽師 シブい年季の品川心中

国立演芸場中席夜の部です。 どっと鯉が道具や。 翔丸さんはあかるく替り目。 陽・昇さん。 柳好師はおもしろい胴切り。 一矢さん。 幸丸師はボヤき漫談師匠方。 紅師は春日局より家光養育。 南なん師はのどかな田能久。 今丸さん。 茶楽師は渋い味の品川心…