ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

遊京さん 対照を効かせた猫久

研精会です。 きいちが雑俳りん廻し。 市楽さんは四段目。芝居もかわいい定吉です。 正太郎さんは長屋の花見。ふんわり和みます。 市童さんはこんにゃく問答。迫真の問答です。 小はぜさんは岸柳島。リアリズムで演じます。 遊京さんは猫久。お武家の貫禄で…

志ん吉さん古今亭の風 鮑のし

地元での、四合せ二ツ目会の町屋お笑い寄席です。 昇々さんは待ちわびて。ご長寿たちを巧みに演じ分けます。 はな平さんは幾代餅。ほのぼのと心なごむ温かい語りです。 八ゑ馬さんは長短。小一時間考えるおとぼけの長さんです。 志ん吉さんは鮑のし。古今亭…

二ツ目勉強会 卒業おめでとう

二ツ目勉強会です。 幸太が道灌。 遊かりさんは元犬。独自の工夫の女版です。 今いちさんは五人男。滑稽味を醸してます。 コントD51さん。 夢太朗師はねずみ。厚みのある語り口です。 後半は5月寿昇進で卒業おめでとう...... 蘭さんは曲馬団の女。姐御肌…

新作と古典と 和やかな連雀亭

神田連雀亭の日替り夜席、人気者が揃って16人の客席は和やかです。 前半は新作で...... A太郎さんは表と裏。ヒーローインタビューです。 竹千代さんは吉田美輪。「よく言われます」です。 後半は古典で...... 好吉さんは紙入れ。くねっと艶笑っぽい感じで…

白鳥師 池袋は新作満開花盛り

池袋演芸場の中席の千秋楽です。 小団治師はぜんざい公社。無理がなく納得です。 紙切りは楽一さん。 歌奴師は寝床。どっしり構えて安定しています。 ここから夜の部です。 あおもりが浮世根問。 たん丈さんは出来心。なまはげはタッパーです。 丈二師は西表…

円遊師 年季を込め凄みの夢金

国立中席の夜の部です。 楽ちんが一目上り。 宮田陽・昇さん。 真紅さんは三家三勇士より故郷の水戸の和田平助。 小柳師は長屋の花見。ほんわかした貧乏長屋です。 奇術は瞳ナナさん。 楽輔師は幾代餅。清蔵の誠実な告白がナイスです。 紅師は春日局と竹千代…

雲水師 桜の宮の花見の仇討ち

立川流夜席です。 だん子がつる。 らく人さんは真田小僧。六連銭を何とか立て直します。 志獅丸さんは引越の夢。番頭さんを面白くしています。 談之助師は震災あれこれからいま話題の襲名披露の闇。 志奄さんは開帳の雪隠。駄菓子屋の夫婦の貸雪隠です。 雲…

小円楽師 痛快に酔ってらくだ

両国寄席です。 まん坊が十徳。 鯛好さんは替り目。べろんべろんに酔ってくれます。 菊春師は宮戸川。きょろきょろっと飄々と演じます。 正雀師は大師の杵。バレを抑えてしっとり語ります。 楽之介師は初音の鼓。三遊亭らしい確かな運びです。 兼好師は雛鍔…

里う馬師 情感を込め火事息子

日暮里寄席です。 談洲がたらちね。 吉笑さんは舌打たず。奇才ぶりを発揮しています。 志獅丸さんはがまの油。どっしりと太く構えます。 左平次師は大安売り。威勢がよくなって好調です。 談四楼師は一文笛。じわっ~と心にしみてきます。 志ら乃師は転失気…

正蔵師 コク深い充実の一文笛

10周年第20回のサンポップ寄席は満席です。 まめ菊が子ほめ。 菊之丞師の一席目は明烏。艶のある語り口と心地よい運びです。 お仲入り。 一左さんは粗忽の釘。おとぼけにも憎めない可愛げがあります。 正蔵師は一文笛。語りと仕草と表情がコク深く調和した絶…

べ瓶さん北区で唸る 鴻池の犬

ほくとぴあ亭です。 馬ん次が芋俵。 鷹治さんは初天神。ここでグッと安定感がアップしています。 小痴楽さんは干物箱。善公でピチピチ思いっきり笑わせます。 美るくさんはふぐ鍋。冬の鍋のおいしさが優しく伝わります。 べ瓶さんは鴻池の犬。商家の風情も兄…

扇遊師 臨場感あふれる試し酒

JAL名人会です。 はまぐりが真田小僧。 小痴楽さんは一目上り。伝法な色気が開花してきてます。 きく麿師は歯ンデレラ。語りも入れ歯の表情も愉快です。 燕路師は鹿政談。お白州の光景を明瞭に描いて魅せます。 モノマネはホリさん。 扇遊師は試し酒。臨…

昇也さん 果敢に百年目に挑戦

二ツ目勉強会です。 幸七が狸札。 竹千代さんは親子酒。豪快な酔っ払いぶりが持ち味です。 A太郎さんは紙入れ。ネタおろし?....納得の仕上げです。 ナオユキさんシブい!カッケー。 談幸師は茶の湯。飄々とした愉快な持ち味を効かせます。 鯉津さんは天狗裁…

池袋下席 人気者たちで大入り

池袋演芸場の下席はナイスな顔付けで大入りです。 市坊がたらちね。 わさびさんは釜泥。釜ん中で細身が活きています。 一之輔師は人形買い。手練手管に酔って爆笑です。 菊志ん師は宮戸川。客席を捉えたお花が炸裂です。 ニックスさん。 おさん師は粗忽長屋…

会社帰り改革には 神田連雀亭

神田連雀亭の日替り夜席です。半数以上が若い女性です。 かゑるさんは権兵衛狸。大きくて愛嬌たっぷりの狸です。 楽八さんは看板のピン。きちんとした三遊亭の語りです。 志獅丸さんは付き馬。大ネタに挑んで汗だくの熱演です。 吉緑さんは茶の湯。三軒長屋…

小辰さん 情感も豊かに薮入り

研精会です。 きいちが骨皮。※金明竹の前半 昇々さんは看板のピン。軽いタッチがステキです。 こみちさんは七度狐。仕草をキリリッとキメます。 緑太さんはもう半分。不気味な語りを効かせます。 わん丈さんは無精床。よく調子に~ノッています。 小辰さんは…

立川流夜席 見応え十分なのダ

立川流夜席です。 志ら門が道潅。 がじらさんは牛ほめ。細かくギャグを盛り込みます。 志獅丸さんはガマの油。どっしり堂々たる口上です。 談慶師は幽女買い。家元譲りの噺は爆笑の連続です。 志ら乃師は反対俥。これでもかっと熱演で魅せます。 晴の輔師は…

市弥さん メリハリたつ崇徳院

光る二ツ目の会です。 門朗が時そば。 一刀さんは庭蟹。いまのところ、とてもわかりやすいサゲです。 西のイケメン紋四郎さんは千早ふる。確かに明るく爽やかです。 扇さんは星野屋。ギャル抜けして男の台詞を磨いてきています。 東のイケメン市弥さんは崇徳…

雲水師 愉快に盛り上げて花筏

しのばず寄席です。 遊七が子ほめ。 三四楼さんはオレオレ詐欺。開発中ですか、2回目です。 沖縄のうえずださん。 芝楽師は掛け取りから尻餅。ほのぼのとした大晦日です。 鶴遊師は南鶴作の生か死か。この物語はハラハラします。 青空たのしさん。 雲水師は…

鳳志師 清く正しく誠実な芝浜

両国寄席です。 まん坊が弥次郎。 愛九さんは寿限無。楽しい 世之介師は辰巳の辻占。粋な風情をかもします。 鳳笑さんは看板のピン。逞しく仕上げています。 萬窓師は締め込み。正統派の加減を味わいます。 王楽師は棒鱈。訛りから珍歌の熱唱に挑みます。 萬…

小遊三師 ここちよい蒟蒻問答

国立演芸場の上席二日目です。 晴太がつる。 遊里さんはまんじゅう怖い。江戸弁よし工夫よしです。 ナイツさん。Hello, Goodbyeは意欲的です。 遊馬師は谷風の情け相撲。厚みある本格派の語りです。 奇術は山上兄弟。 蝠丸師は先代春蝶作品の昭和任侠伝。着…

扇辰師が魅せる 圧巻の一眼国

JAL名人会です。 はまぐりがざるや。 かゑるさんはまめだ。優しく心温まる語り口です。 遊喜師は熊の皮。明るくて愉快な甚兵衛さんです。 談幸師は薮入り。親の気持ちがじわっと染みます。 コント山口君と竹田君。 扇辰師は一眼国。奇譚の名手の圧巻の話…

一琴師 巧みに誘う夢八の了見

池袋演芸場の下席です。 小ごとが道灌。 八ゑ馬さんは代書屋。女房が代りに来るのは初見です。 こみち師は七度狐。はめものと振りで楽しくなります。 菊太楼師は締め込み。ガラッぽくみせて熱く繊細です。 太神楽は勝丸さん。 円十郎師はまんじゅう怖い。賑…

仲間が集い追悼 小蝠前進の会

追悼!小蝠前進の会です。 あんぱんが小町。 柳若さんは時そば。アメリカンドッグ入りです。 小夢師は表札。最後の広小路亭5日の演目です。 右団治師は長屋の花見。しみじみしめやかです。 よし乃さんはアメリカンドッグも廻し分けます。 文治師は親子酒。…

志ん吉さん活き活き 火焔太鼓

研精会です。 小多けが道具屋。3月寿昇進で小紋になります。 宮治さんは初天神。大人びた金坊に爆笑です。 市童さんは黄金の大黒。品行方正な貧乏長屋です。 市楽さんは夢金。迫真の情景描写で魅せます。 小辰さんは豊竹屋。おおらかで楽しい義太夫です。 …

雪の中の贅沢な二ツ目勉強会

大雪ん中を来た5人の客席、二ツ目勉強会です。 あら馬が雑俳。 遊子さんはだくだく。真面目に精進しています。 双葉さんはお菊の皿。パァ~ッとアイドルです。 京太夢子さんはほのぼの感いっぱい。 とん馬師は稽古屋。さすがに唄も踊りも達者です。 伸べえ…

夢太朗師 商家の見える猿後家

国立演芸場中席夜の部です。 竹わが真田小僧。 希光さんは秘伝書。マイルドで軽やかです。 新山真理さんは巨人軍の納会。 夢花師は反対俥。跳んで跳ねて沸かせます。 コントD51さん大サービス。 東家浦太郎師は雷電の小田原情け相撲。上質です。 凌鶴師は…

らく兵さん 見応えの火焔太鼓

サニーホール落語会は立川流若手競演です。 かしめがまんじゅう怖い。がんばってるね! 吉笑さんは断捨離。初見だと疲れるけど家族への着眼点に異才を感じます。 談吉さんは野ざらし。仕草も語りもこれでもかってくらいキレッキレです。 らく兵さんは火焔太…

連雀亭 個性を拓く二ツ目たち

神田連雀亭の日替り夜席はすえひろがりです。 三四楼さんはオレオレ詐欺。新作ネタおろしの小品です。 志獅丸さんは強情灸。練られて安定感が抜群で安心です。 喬の字さんは紙入れ。さすが落協って味わいがあります。 吉好さんは宿屋の富。場数を踏んできて…

馬るこ師と期待の二ツ目たち

ほくとぴあ亭の新春落語です。 馬ん長がつる。 昇也さんは寄合酒。空気をつかんで温めます。 柳若さんは猫の皿。変なばあさんが巧妙です。 鯉八さんは放浪のつくね板が居るおちよさん。 貞鏡さんはキリリと演じ母里太兵衛の黒田節。 太神楽は小助・小時さん。…