ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

藤兵衛師 厚みの小間物屋政談

JAL名人会です。 扇ぽうがたらちね。 幸之進さんは六尺棒。ちょっと堅めでいい感じです。 遊史郎師は野ざらし。いつもより力が入っています。 小円楽師は火焔太鼓。おおらかに楽しませてくれます。 ななめ45°さん。 藤兵衛師は万両婿(小間物屋政談)。厚…

小辰さん 絶好調の木乃伊取り

研精会です。 市坊が道灌。 来春昇進の市楽さんは確かなお血脈。 小もんさんは優しくソフトな金明竹。 一花さんは踏みしめるように湯屋番。 遊京さんはムードを醸して粗忽長屋。 小辰さんはくっきり演じ分けて木乃伊取り。 みんなしっかり稽古して腕を上げて…

寿輔師 円熟味湛える天狗裁き

国立演芸場中席夜の部です。 あんぱんが浮世根問。 遊里さんは元気よく堀の内。 林家喜之輔さん。 今輔師は面白い甲子園の魔物。 小泉ポロンさん。 右左喜師は軽やかに竹の水仙。 円雀師は愉快な読書の時間。 小文治師は巧みに描く酢豆腐。 チャーリーカンパ…

こしら師 筋も笑いも立つ佃祭

立川流夜席は人気者揃いの顔付けで大入りです。 半四楼が子ほめ。 だん子さんは間抜け泥。まくらが楽しそうです。 吉笑さんは走馬灯。わかりやすくなっています。 志ら乃師はスーパーの半額のグロサリー部門。 こはるさんは真田小僧。真面目に全力投球です。…

連雀亭 四人も客席も頑張った

神田連雀亭の夜席です。もうお一方と左右を分担…… 吉緑さんは筍。この噺はナマで観るのは初めてです。 喜太郎さんは君の名は(仮)。強引ですが楽しめます。 翔丸さんは悋気の幽霊。いい感じにこなれています。 兼太郎さんはお見立て。しっかりトリで締めくれ…

鯉朝師だ あいつのいない朝!

上野広小路亭上席です。 あまぐ鯉が犬の目。 柳若さんは辰巳の辻占。 笑好師は片棒。 コント青年団さん。 枝太郎師は電話の向こう。 遊史郎師は厩火事。 新山真理さん。 柳好師は火焔太鼓。 陽子師は名人小団治前半。 ナオユキさん。 伝枝師は壷算。 南なん…

小燕枝師 滋味溢れる猫の災難

国立演芸場上席です。 八楽が酒の粕~からぬけ。 志ん松さんはたしかに庭蟹。 菊志ん師はさすがの金明竹。 アサダ二世さん。 玉の輔師は愉快なお菊の皿。 志ん輔師はほのぼの佐々木政談。 笑組さん。 左龍師はしっかりした壷算。 翁家勝丸さん。 小燕枝師は…

鳳楽師 絶妙な加減の蒟蒻問答

両国寄席です。 しゅりけんが按七。 じゅうべえが桃太郎。 楽天さんは力強く道灌。 楽大さんは明るく持参金。 枝太郎師は根多卸の電話の向こう。 神楽師は軽快に孝行糖。 円福師は力業のたがや。 喜八楽師は腕の立つ蜘蛛駕籠。 瞳ナナさんは可愛くて大ウケ。…

小笑さん大丈夫 くしゃみ講釈

神田連雀亭の日替り昼席です。キャリアの顔付けです。 談吉さんは子ほめ。日々精進して自力を上げています。 美るくさんは半分垢。女房のおとぼけ感がナイスです。 小んぶさんは初音の鼓。柳派らしい大きな滑稽味です。 小笑さんはくしゃみ講釈。ヌケ感のフ…

里う馬師 味よく語る三枚起請

立川流日暮里寄席です。 初高座!の花修が道潅。 だん子さんは師匠ゆずりの三年目。 がじらさんは元気よくかぼちゃ屋。 談修師はいつもより端正な転失気。 龍志師は江戸の風の吹く三軒長屋。 晴の輔師はくっきり丁寧に試し酒。 らく次師はどことなく愉快な転…

巧みな才賀師 シビれる松山鏡

JAL名人会です。 市坊が道灌。 柳朝師は猫の皿。何とも味のある軽快感です。 一琴師は片棒。しっかりした体幹の仕草です。 まどかw.貴美江さんは宮本麗子作の温かい手。 コンパスさん。 才賀師は松山鏡。有難い百戦錬磨の超絶技巧です。

わん丈さん 爆笑の井戸の茶碗

二ツ目勉強会です。 り助が二人旅。 喬の字さんは饅頭怖い。笑える正攻法です。 朝之助さんはだくだく。雰囲気があります。 小辰さんは鋳掛屋。もう堂々の十八番です。 小もんさんは湯屋番。爽やかな本寸法です。 志ん吉さんは厩火事。お崎を巧く描きます。 …

小せん師 やすらぎ満ちる妾馬

池袋演芸場下席です。 小ごとがたらちね。 あお馬さんは鈴ヶ森。 小八師は物理学的チハヤフル。 百栄師は十年に一人~コンビニ強盗。 東京ガールズさん。 萬窓師は格調高く紙入れ。 川柳師は有難い戦争の思い出。 三語楼師は愉快な看板のピン。 一琴師は真田…

今いちさん ふっくらと代書屋

二ツ目勉強会です。 南之助が転失気。 鷹治さんは普段の袴。堂々と演っています。 希光さんは亡き売。ビミョ~にダークです。 コントD51さん。 小南師は仕草で魅せるかくし芸から四人癖。 鯉白さんはよろめきじゃなくていたわかめ。 やなぎ南玉さん。 今…

深くて多彩に面白い 七人の侍

七人の侍です。 鳳志師は高砂や。軽い噺は軽く演ります。 鯉橋師はたがや。しっかり盛り上げます。 貞寿師は面割狂言。初めて観た珍品です。 小助六師は猫の災難。いい酔い加減です。 枝太郎師は三枚起請。面白いサゲ方です。 円福師は大山詣り。ハラハラド…

四代目円歌襲名 爆笑の龍馬伝

四代目円歌披露目の国立夜の部です。 市坊がたらちね。 わん丈さんは近江八景。 歌橘師は宗論。 鏡味仙三郎社中。 歌る多師は松山鏡~玉簾。 市馬師は禁酒番屋。 口上。 アサダ二世さん。 歌司師はお化け長屋。 浮世節は橘之助師。 円歌師は龍馬伝。もちろん…

充実した全楽師 猫の皿・佃祭

日暮里サニーホールで全楽Go!です。 まん坊が日和違い。 はち好が新聞記事。 全楽師の一席目は猫の皿。店の主のとぼけ具合いが絶妙です。 お仲入り。 全楽師のトリは佃祭。気風のよい船頭の金五郎が素敵です。 この2~3年でぐっとカドが取れて良くなっ…

キウイ師 気合いを込めたがや

立川流夜席です。 半四楼が十徳。 笑二さんは真田小僧。ませたかわいらしい金坊です。 7月寿昇進の志獅丸さんはドタバタ愉快な引越の夢。 志ら玉師は辰巳の辻占。お玉のキャラが楽しめます。 談吉さんは牛ほめ。キレッキレ上等のいい調子です。 キウイ師は…

小笑さん 愉快なくしゃみ講釈

ほくとぴあ亭です。 全太郎がやかん。いいね。 昇市さんはお見立て。明るくさわやかな好青年です。 羽光さんはペーソスのある私小説落語スローバラード編。 始さんは野ざらし。キレッキレ陽気に盛り上げます。 小笑さんはくしゃみ講釈。おとぼけぶりに大笑い…

王楽師 わかりやすい禁酒番屋

両国寄席です。 じゃんけんが真田小僧。 らっ好さんは正しく美しく道灌。 小歌師は渋いいぶし銀の子ほめ。 中日ファンの窓輝師はぞろぞろ。 志遊師は優しく軽やかに寄合酒。 小円楽師は妙におもしろい紙入れ。 楽麻呂師はほのぼの愉快な道具屋。 伊藤夢葉さ…

緑太さん 充実した宮戸川通し

研精会です。 きいちが狸賽。 志ん吉さんはだくだく。手首を養っています。 遊京さんは磯の鮑。走らないのがナイスです。 小はぜさんはてれすこ。聞きやすい語りです。 小辰さんは反対俥。仕草がとてもキレイです。 緑太さんは宮戸川通し。ハラハラドキドキ…

遊之介師 心地よい三方一両損

しのばず寄席です。 楽ぼうがたらちね。 好吉さんは釜泥。なかなかの好青年です。 タップはポケさん。 夏丸師は橘ノ圓物語。懐かしい師匠です。 春陽師は木津の勘助。気合いの語りです。 紙切りは麒麟児さん。 遊之介師は三方一両損。喧嘩も啖呵も快適です。

なんとなくくつろぐ 広小路亭

上野広小路亭上席です。 あんぱんが英会話。 伸べえさんは金明竹。 桃之助師は真田小僧。 宮田陽・昇さん。 昇乃進師は幽霊タクシー。 伸乃介師は千早ふる。 紙切りは今丸さん。 幸丸師は野口英世伝。 お仲入り。 紫師は木津の勘助。 ぴろきさん。 遊馬師は…

のんびり和む連雀亭 GW興行

神田連雀亭のGW興行です。 伸しんさんはすくすく育つ表札。 さん光さんは捻り出す人形買い。 遊かりさんは可愛らしい鷺とり。 今秋の喬の字さんは充実の蜘蛛駕籠。 一花さんはマイルドな真田小僧。 笑二さんは巧みに笑わせる青菜。 伸べえさんは心がなごむ…

令和初め 亀戸梅屋敷で大爆笑

亀戸梅屋敷寄席は立ち見の出る大入りです。 しゅりけんが寄合酒。 栄豊満さんは転失気。なかなか愛嬌があります。 楽市師は辰巳の辻占。さらっと演じ爽やかです。 好の助師は蛙茶番。割れんばかりの大ウケです。 円楽師はつる。軽い噺を語りの風味で魅せます…

平成納め 文吾さん宿屋の仇討

黒門亭・光る二ツ目の会です。 扇ぽうが元犬。 正太郎さんは風呂敷。地力があって余裕があります。 喬の字さんは夕されば。とにかく門田の稲葉です。 やなぎさんは初天神。思いっきり強力にねだります。 文吾さんは宿屋の仇討。好感が持てる若々しい熱演です…

10連休は しのばず寄席から

しのばず寄席昼の部です。 馬ん次が芋俵。 らく人さんは立て板に水の親子酒。 枝太郎師はがんばってるお菊の皿。 ギター漫談は山崎ひろしさん。 伸治師は豊かな味わいのある寝床。 梅福師は知覧の鳥浜トメの蛍帰る。 紙切りは青空麒麟児さん。 楽之介師は太…

円丈師 醸し出す噺家と万歩計

JAL名人会です。 一猿が旅行日記。 おさん師は狸鯉。いい味の出ている八五郎です。 桃之助師は干物箱。クセがなく素直に演じます。 馬桜師は七段目。芝居振りが円熟しています。 カントリーズさん。 円丈師は噺家と万歩計。いついつまでもお達者で~

遊之介師 愚痴上等の鰻の幇間

しのばず寄席です。 遊七が平林。 鯛好さんは浮世床。もう五十歳の充実です。 こてっちゃん馬場さん。 鯉橋師は佃祭。本寸法の妙技を楽しみます。 鶴遊師は三方ヶ原軍記。講談の醍醐味です。 麒麟児さん。 遊之介師は鰻の幇間。愚痴上等で見応え十分です。

昇羊さん スッキリと鰻の幇間

二ツ目勉強会です。 南太郎が転失気。 昇吾さんは一皮むけてきた鈴ヶ森。 伸しんさんはぱあっと光る浮世床。 好田タクトさん。 遊吉師は還暦行進曲から浮世根問。 竹紋さんは底抜けに明るく磯の鮑。 和妻はきょうこさん。 昇羊さんはスッキリ調子よく鰻の幇…