読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

祝100回! 充実の四の日寄席

巧者揃いで祝100回! 四の日寄席の新春2日目、大入りです。 馬石師はたらちね。新妻の京言葉がきれいでナチュラルです。 やまと師は時そば。先のそばが本当に美味しそうでジュルル… 文菊師は夢の酒。憎らしいほど、絶妙の間とタメが光ります。 お仲入り…

昇々さん 堂々と鉄板の湯屋番

神田連雀亭の初席の第二部です。 吉緑さんは悋気の独楽。落ち着きに精進ぶりを感じます。 らく人さんは真田小僧。独特の飄々としたスタイルです。 三四楼さんはサイボーグ馬物語。バカバカしい限りです。 けい木さんは漫談で噺家と正月。達筆ぶりに感心しま…

雲水師 おめでたく笑えるつる

今年も落語始めは初春演芸会の第二部です。 伸力が道灌。 鳳楽師は掛取(狂歌)から尻餅。風情のある滑稽味です。 紫師は徂徠豆腐から奴さん。豆腐屋の女房が素敵です。 太神楽はよし乃さん。寿・年女だそうです。 雲水師はおめでたいつる。笑いを起こす腕があ…

たこ平さん お白州よく鹿政談

二ツ目勉強会です。納会の後だけど頑張るって雰囲気です。 かな文が出来心。 朝之助さんはつぼ算。押し出しの強い店主で張っています。 日るねさんはたらちね。魅惑のユル調子にクラッときます。 緑太さんは猿後家。緩まない律儀な性格が現れています。 左吉…

雲水師のけんげしゃ茶屋だ!

しのばず寄席の夜の部の半ばからです。 雲水師のけんげしゃ茶屋。この時期の上方ならではの風物詩です。 一乃師は熊谷直実・敦盛最期。美しく戦記の光景を描き出します。 はたけんじさん。 伸治師は幇間腹。客席をぐっとリラックスさせる素敵な話芸です。

志ん吉さん強く挑む 宗珉の滝

町屋お笑い寄席は大入りです。四合わせの面々の充実ぶりが現れています。 はな平さんは権助魚。なごんだ雰囲気を上手につくります。 昇々さんは廻る家族。順繰りに家族のヘンにツッコみます。 八ゑ馬さんは代書屋。大阪弁を活かし鉄板の爆笑ネタです。 志ん…

はん治師 共感を誘う妻の旅行

池袋演芸場の下席です。 小多けがたらちね。 小かじさんは真田小僧。昇進して晴れ晴れとした高座です。 窓輝師はぞろぞろ。丁寧に端整に描く姿に好感が持てます。 禽太夫師はくしゃみ講釈。のぞきからくりの唄が笑えます。 ストレート松浦さん。 歌武蔵師は…

ナイスな面々が揃った連雀亭

神田連雀亭の日替り寄席です。紳士な東芝ご一行のおかげで大入りです。 歌太郎さんは片棒。落ち着いた語りに懐の広さを感じます。 朝之助さんはだくだく。活き活きとピチピチっと演じます。 遊京さんは時そば。独特のゆとりの間にクスッと笑えます。 竹千代…

さん喬師巧み 人柄を描く妾馬

国立演芸場・中席の夜の部です。 小多けがたらちね。 さん若さんは権助魚。権助の田舎者ぶりがナチュラルです。 さん助師はやかん泥。軽妙な調子で心地よく運ばれます。 のだゆきさん。 白鳥師はアジアそば。親日家?のインド人に大爆笑です。 歌司師は紺屋…

雲水師 胸に迫るたちきれ線香

立川流夜席です。 かしめが孝行糖。 笑二さんは(乞食の)元犬。独自の改作として育っています。 こはるさんは鮫講釈。しっかり語り気風よく仕上げています。 龍志師は紙入れ。かわいい新吉が映えるオツな艶笑風味です。 小談志師は蔵前駕籠。ツボを押さえな…

巧みな羽光さん はてなの茶碗

シンプー寄席です。やや少数ながら温かい客席です。 伸三さんは岸柳島。いい感じに渋みのある船頭が印象的です。 寿・昇進の今いちさんは丸々とした幇間腹。フレッシュです。 昇羊さんはかっぱの子? これは田舎の設定が効いています。 翔丸さんは江戸わずら…

好楽師の懐の深い語り 子は鎹

好楽・すみれ二人会は大入りです。 西村がたらちね。 好楽師の一席目は文枝作の妻の旅行。客席の定年世代の共感を誘います。 すみれ師は神崎与五郎東下り仮名書きの詫び証文。牛五郎がいい味です。 お仲入り。 すみれ師は南鶴作の曲馬団の女。終戦後の空気感…

左橋師 温かい人柄の滲む芝浜

四の日寄席です。 馬石師はつぼ算。店主の困った顔がキュートで愛おしいです。 龍玉師は親子酒。酒好きのハートをぎゅ~っと掴んでいます。 駒次さんは動物園。カラッと明るい駒次流の面白さ炸裂です。 菊志ん師は芝居の喧嘩。大胆かつ細心に盛り上げる巧者…

好楽師 実感あふれる妻の旅行

両国寄席です。 ウワサのじゅうべえがつる。 鯛好さんは鈴ヶ森。笑わせる調子がとれて無理なく笑えます。 鳳笑さんは饅頭怖い。懸命キャラからの工夫を繰り出します。 橘也さんは茄子娘。ためになる小ネタが入る面白い運びです。 復活のぜん馬師は狸札。いぶ…

時松さん 見応え十分の茶の湯

二ツ目勉強会です。 百んがが道具屋。 めぐろさんは日曜の寿。結婚式でのとんでもスピーチです。 圭花さんは三人無筆。ウケるには力量が要る噺に挑みます。 八ゑ馬さんはいもりの黒焼。米俵に磨きがかかっています。 市江さんは蔵前駕籠。器用に演らない愛さ…

里う馬師 メリハリの禁酒番屋

しのばず寄席の夜の部です。 伸力が初天神。 楽大さんは出来心と蛇含草。どちらもほがらかなムードでナイス!です。 鯉風師は竹の水仙。張らず軽やかで流麗な運びにくつろぎます。 がまの油の源吾朗さん。 里光師はのめる(二人癖)。わかりやすくカラッと楽…

雷蔵師のたしかな厚みの寝床

しのばず寄席の昼の部です。 伸力が寿限無。 好の助さんは黄金の大黒。なごやかなムードを作り出します。 神楽師は持参金。重い客席を相手に気丈に盛り上げています。 はらしょうさん。 遊吉師は猫の災難。嫌みのない自然な呑んべえぶりが素敵です。 貞山師…

志らく師 センス光る火焔太鼓

JAL名人会です。 一猿が小粒。珍品です。 可風師は転失気。きれいにソフトにクスッと笑わせています。 志ん丸師は野ざらし。荒削りに見せかけて、じつは繊細です。 たまさんは秘密警察。九官鳥に爆笑ですが機内放送は大丈夫? 新宿カウボーイさん。 志ら…

花緑師 客席を捉えた天狗裁き

池袋演芸場の下席です。 緑助が元犬。 花飛さんは出来心。寄席ではいつもよりちょっと堅めです。 菊志ん師はがまの油。泥酔によって面白さを一変させます。 一琴師は真田小僧。コシがあり六文銭まで目が離せません。 のだゆきさん。 三語楼師は時そば。音も…

柳之助師の誠実な柳田格之進

日本橋亭定席は柳之助師の小雪の会です。 竹わが犬の目。 鯉八さんは僕の兄さん。イケメンなのに面白い......と思います。 夢丸師は夢の酒。夢にクチャクチャっと妬く女房が愉快です。 とん馬師は十八番の棒鱈からかっぽれ。何度観ても楽しめます。 お仲入り…

雷蔵師の力強い大旦那の寝床

国立中席の千秋楽です。 全太郎が子ほめ。 和光さんは見世物小屋。正面に入って行けば...愉快なもぎとりです。 奇術は小泉ポロンさん。 円満師は骨皮。いまでは金明竹の序です。端整に演じてくれました。 京丸・京平さん。 幸丸師は田中角栄伝。得意の世相漫…

文菊師の哀感を描くうどん屋

社会教育会館の改修が入って、一年ぶりの人形町寄席です。 来秋に寿昇進の三木男さんは悋気の独楽。可愛い定吉です。 生志師は猫の皿。茶屋と店主の怪しい佇まいが独自で絶妙です。 兼好師は天狗裁き。どの人物の「どんな夢?」にも愛嬌があります。 鯉橋師…

小辰さん本領発揮 凍みる鰍沢

研精会です。 きいちが寄合酒。 宮治さんは元犬。緩急のポイントを掴んでいる笑わせ上手です。 遊京さんは加賀の千代。ゆったり運んでほんわかいい感じです。 志ん吉さんは天狗裁き。登場人物の演じ分けの工夫が光ります。 市童さんは武助馬。確かな筋にほど…

談慶師 おもしろい井戸の茶碗

立川流夜席です。 語楼が金明竹。 早く上がった志らら師は酔っ払い。変わらずに楽しく愉快です。 志奄さんは千早ふる。今や安定してクスグリがキマっています。 談四楼師は一文笛。心にしみる上質な語りと巧みな演出で酔わせます。 らく平さんは洒落小町。さ…

雷蔵師 美味しいねぎまの殿様

国立演芸場の中席です。 希光が二人癖(≒のめる)。 小笑さんは転失気。飄々と頼りない芸風がサマになっています。 マジックは瞳ナナさん。 夢花師は佐渡おけさから反対俥。いつもより多めに跳んでいます。 京丸・京平さん。 伸乃介師は真田小僧。NHKの大…

菊之丞師 江戸の風吹く不動坊

地元町屋のサンポップ寄席です。 はまぐりが金明竹。 菊之丞師の1席目は目薬。艶笑と感じさせずカラッと演じる技が見事です。 町屋の星の一左さんは宮戸川・お花半七。手堅い仕上げを目指しています。 ムチの夢葉さん。 菊之丞師のトリは不動坊。多彩な人物…

ぜん馬師 本格的な凄味の死神

立川流夜席です。 うおるたーが権助魚。 志獅丸さんはどっしり時そば。不味く痛いそばが愉快です。 志奄さんは転失気。端正な口調に真面目な人柄を感じます。 談之助師は選挙あれこれ。懐かしい人々を想って笑えます。 晴の輔師は元犬。明るい語りとクリアな…

小痴楽さん イナセな粗忽長屋

神田連雀亭の日替り寄席です。 羽光さんはアニメ小僧。巧みな構成でラピュタをまた観たくなります。 扇兵衛さんは小ゑん師のぐつぐつ。合っていて、心が温かくなります。 竹千代さんは親子酒。商家の風格は省いて、母親まで酔わせています。 小痴楽さんは粗…

好楽師 情感溢れる優しい言葉

両国寄席です。 43歳の西村がつる。がんばっています。 声の大きいふう丈さんは電気家族。シビレます。 とむさんは教科書にかける情熱。任侠と文科省って意外性です。 好の助さんはセーラー服とはっぱと夜釣。田舎のたくましさです。 萬橘師は宗論。阿弥陀…

馬るこさん 爆笑の小言幸兵衛

ほくとぴあ亭です。 金の助が狸札。 鯉丸さんは片棒。力をつけて、骨太の安定感のある神田囃子です。 昇々さんは不動坊。昇々流の喜怒哀楽が満載で笑いっぱなしです。 鯛好さんはちりとてちん。勘どころを逃さずにしっかり運びます。 来春昇進の馬るこさんは…

鬼丸師 明朗明快な御神酒徳利

第39回を重ねてきた、せんばい寄席です。 寿伴が金明竹の序。 遊京さんは湯屋番。入船亭らしいしっとり感を醸し出しています。 萬橘師は厩火事。絶妙な間で入れてどっかんどっかん笑わせます。 三味線はあずみさん。珍しいカワイイ端唄が愉快です。 鬼丸師…

談大さんを偲んで日暮里寄席

// // // // 立川流日暮里は談大さんの七回忌追善です。大きな身体にもじゃっとした髪型を覚えています。 語楼が金明竹。 志獅丸さんは幇間腹。一八の達者なヨイショが印象的です。 志らら師は子ほめ。軽い噺を明るく楽しく演じてくれます。 雲水師はうなぎ…

昇々流をハッピーに! 不動坊

研精会です。 明日は寿昇進=今日が最後の高座返しの小はぜが立派な道灌。 遊京さんはまんじゅう怖い。無添加でストレートに楽しめます。 緑太さんは厩火事。直球のお崎に適度なしっとり感があります。 こみちさんは代書屋。吉田さんは独自? かなり面白い工…

正太郎さん 二ツ目バトル征す

二ツ目バトル@浅草演芸ホール余一会です。 一猿が寿限無。 竹千代さんは真田小僧。入れ込み気味で力が入ってます。 寸志さんは庭蟹=洒落番頭。それなりに力が抜けています。 吉好さんは反対俥。ピューッと戦闘力に乏しい根多です。 楽"大"さんは蛇含草。"大…

はな平さん あったかい甲府い

地元の町屋お笑い寄席です。お客さんも入っています。 昇々さんは鈴ヶ森。進化している昇々流の軽いクスグリの間が効いています。 八ゑ馬さんは死神。上々の仕上げぶりで、思わずモテワンに投票しています。 志ん吉さんは寄合酒。家族を抱いてから、表情が豊…

柳太郎師 軽みに和む大山詣り

しのばず寄席です。 伸力が道灌。 三四楼さんは時そば。クスグリを演り過ぎず、ピリッと効かせてナイスです。 ダーク史郎さん。 笑好師は片棒。今風でコミカルなおもしろさは芸協ならではです。 すずさんは出世浄瑠璃。紅葉の碓氷峠の光景と関の戸の詞がキレ…

花盛り 新鋭女流の花便り寄席

// // // // 新鋭女流の花便り寄席です。 いちかが臆病の勇士・平松金次。小牧山です。 だん子が道灌。だいぶこなれてきました。 この会3年ぶりの貞寿さんは来春!寿昇進。愛山師ゆずりの次郎長伝・心中奈良屋を明るく演じます。 腹話術はわがしさん。 阿久…

白酒師 豪快で繊細な禁酒番屋

JAL名人会です。人気者を揃えたイカした顔付けです。 一猿が金明竹。 宮治さんは元犬。腕が上がって無理なく笑わせます。細かい工夫が活きて自然に笑えます。 運気が上昇気流の松之丞さんは芝居の喧嘩。その講談を聴けば、爽快な空の旅になります。 文菊…

世楽師 正確に語る御神酒徳利

日本橋亭の定席は世楽師の会です。 あまぐ鯉がやかん。 今いちが新聞記事。 夏丸さんは四宿の屁。サラ口にも合っている、軽い味の珍品です。 世楽師の一席目は三人旅のおしくら。訛りの具合が丁度よく巧みです。 右左喜師は銀婚旅行。ばかばかしい流れをあっ…

談幸師見応え十分 厚みの妾馬

日暮里特選落語会です。 幸之進さんがたらちね。 燕路師は千早ふる。底力がある自然な語りで、朗らかに笑えます。 小文治師は徂徠豆腐。人物を力強く鮮明に描き出して、魅せます。 吉窓師はお見立て。杢兵衛お大尽に誇張がなく、品さえ感じます。 談幸師は妾…

雀三郎師 力のこもった帰り俥

うどん喰って戻って......繁昌亭の昼席です。 小留(チロル!)が牛ほめ(家ほめまで)。 智之介さんは相撲場風景。クールな語り口です。 ジャンボな米平さんは桃太郎。温かい一席です。 京次郎さんの和妻舞踊。カッケー。 和歌山のおばちゃんの枝曾丸さんは…

卯三郎さん 商家の風の質屋蔵

大阪にいます。繁昌亭朝席で朝楽語です。 露の瑞さんは子ほめ。からっと明るくてナイスです。 卯三郎さんの一席目はどぶんちょうちょうが素敵な兵庫船。上方らしいフカが愉快です。 生寿さんは四人癖。それぞれの仕草になんともいえない愛嬌があります。 卯…

談修師の心和む本寸法 蛙茶番

立川流夜席です。若手真打が引っ張る、フレッシュな顔付けです。 笑んが真田小僧を六連銭まで。 らく兵さんは目黒のさんま。ヤケッくそに元気なアクションです。 志の春さんは…おじいちゃんの手? ほのぼのと心が温まります。 志ら乃師は粗忽長屋。立川流ら…

柳若さん 軽いタッチの幾代餅

第31回さなぎの会です。 茶光が手紙無筆。 文治師は浮世床~夢~。これでもかとエネルギッシュに笑わせてくれます。 昇々さんは誰にでも青春番外編。青臭過ぎす、清潔感も見応えもあります。 音助さんは加賀の千代。バランス感覚がありどんな風に育つか楽…

巧みな笑遊師 幽霊の辻に爆笑

上野広小路亭の定席です。 あんぱんが小町。 竹わがみそ豆。 明楽さんは寄合酒。地力がついています…サゲで絶句はご愛敬です。 吉好さんは天狗裁き。明快でグーだけど…古典であの眼鏡は…どう? 鏡味よし乃さん。 柳太郎師はおなじみの引導カレー屋。これだけ…

円輔師 有難い円熟味の厩火事

国立演芸場はシブめの顔付け、夜の部に行きます。 伸しんがだくだく。 昇羊さんは……本音なんか言えない……おみっちゃんと僕。 新山真理さん。かっぽれ!グー! 遊馬師は試し酒。大旦那は、観るたび厚みを増しています。 宮田章司さん。 金遊師は大工調べ。ク…

新作競演に突入!日替り寄席

神田連雀亭の日替り寄席です。 笑二さんは初天神。細かい工夫がいっぱいで、客席を沸かせます。 こりゃ真っ当な古典ではウケない客席かと新作競演に突入します。 羽光さんはマスターベーション連呼の私小説落語青春編パート2。 ちよりんさんは新・浮世床。…

愛楽師描く美しい女房の芝浜

今月は五代目円楽追善の両国寄席です。ご命日は7年前の29日です。 じゅうべえが子ほめ。 らっ好さんはやかん。ヤワに見えてしたたかに笑いをとります。 左吉さんは家見舞。語り口にだんだんコシがノッてきています。 天どん師は子どもの作文。父が新作派…

爆笑と男前 個性の光る二人会

兼好・鯉栄二人会です。 はち好が子ほめ。 兼好師の1席目は短命。間と表情の巧みな合わせ技に笑いが絶えません。 鯉栄師は次郎長と羽黒の勘六の出会い。力強いまさに男前の語り口です。 お仲入り。 鯉栄師の2席目は扇の的。客席の気持ちをつかむ師匠ゆずり…

鯉丸さんの宿屋仇にいいね!

シンプー寄席です。この6~7月に昇進したフレッシュな3人が登場です。 遊かりさんは鷺とり。少々カミ気味ながらも明るくバカバカしく仕上げてOKです。 鷹治さんは強情灸。腰に弱点を抱えていても、師匠譲りの力強い好調子が光ります。 鯉丸さんは宿屋の…