ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

円橘師 滋味のあふれる三年目

亀戸梅屋敷寄席です。 楽太が堀の内。 萬丸さんはクリアな子どもの桃太郎。 楽大師は夕立屋から仕草よく蛇含草。 お仲入り。 楽京師は愉快なおじさんのお花半七。 円橘師は滋味あふれる語りで三年目。

小遊三師 心地よく酔う替り目

国立演芸場中席です。 幸太が饅頭怖い。 くま八さんは少しづつウケる魚根問。 円雀師は谷風の情け相撲です佐野山。 東京ボーイズさん。 南なん師はやわらかな味のある転宅。 お仲入り。 遊喜師は本寸法のきちんとした壷算。 奇術はポロンさん。 小遊三師は心…

天どん師と仲間たち 池袋上席

池袋演芸場の上席は9日目です。 ひこうきがかわいいつる。 ぐんまさんは赤ちゃんハイハイ。 歌つを改メ歌彦さんは魚根問。 アサダ二世さん。 窓輝師は権兵衛狸。 駒治師は生徒の作文。 米粒写経さん。 茜師は素敵なでもね。 白鳥師はマキシムド呑兵衛。 ス…

フレッシュな浪曲は 日本橋亭

浪曲日本橋亭は出会い&別れです。 天中軒景友さんw.金魚さんは斎藤内蔵助利三の堅田浦。 富士綾那さんw.豊子さんは重の井子別れ。 国本はる乃さんw.金魚さんは真柄のお秀。 木村勝千代師w.豊子さんは慶安太平記より正雪と外松久太夫。

連雀亭 この顔付けでなぜ2人

神田連雀亭昼席はなぜだろう2人です。 あんこさんは桜の木が売れるあたま山。 竹千代さんはほたるまつりから家見舞。 馬久さんは語りも仕草も確かに田能久。 喜太郎さんは嫌いな上司を描くメール。

鳳笑師 訛りまくって権助芝居

亀戸梅屋敷寄席です。 楽太が子ほめ。 好青年さんは独自の工夫が愉快な転失気。 全楽師はしっかりみんな入ってるつぼ算。 お仲入り。 神楽師は雨が降る天気じゃない日和違い。 鳳笑師は激しく訛りまくってる権助芝居。

菊之丞師 美しい仕草の愛宕山

1年半ぶりのサンポップ寄席です。 まめ菊が庭蟹できない洒落番頭。 菊之丞師は焼餅は悋気の火の玉。 昨春寿昇進した一左師は唖の釣。 お仲入り。 太神楽は仙志郎さんと仙成さん。 菊之丞師のトリは美しい仕草で魅せる愛宕山。

好楽師 ちょうど心地よい死神

お江戸寄席です。 しん乃が孝行糖。 花金さんは人柄を感じるたらちね。 真紅さんは太閤記より長短槍試合。 鯉昇師はドタバタが愉快な武助馬。 お仲入り。 手品は夢葉さん。 好楽師はちょうど心地よい加減の死神。

里う馬師 江戸の風の三軒長屋

しのばず寄席です。 南海が子ほめ。 幸之進さんは親孝行のご利益の田能久。 萬橘師はお花のキャラが面白い星野屋。 あさひのぼるさん。 楽輔師は絶好調なマクラから火焔太鼓。 蘭師は客席を楽しませながら樋口一葉。 竹丸師は楽しい漫談から洒落た紙入れ。 …

笑二さん ホラ上手な宿屋の富

神田連雀亭の昼席です。 茶光さんは上方言葉が心地よいのめる。 らく平さんはほのぼの長閑な権兵衛狸。 はる乃さんw.道世さんは子宝の楽満寺。 笑二さんは上手なホラがいい宿屋の富。

好楽師 スジが自然なぞろぞろ

亀戸梅屋敷寄席です。 楽太が子ほめ。 らっ好さんは調子のいいだくだく。 好太郎師は気配りのある禁酒番屋。 お仲入り。 楽市師は軽快にさわやかに犬の目。 好楽師は自然な筋立てのぞろぞろ。

ぜん馬師 味わい深く語る心眼

立川流日本橋亭です。 笑えもんが狸札。 かしめさんは工夫している鈴ヶ森。 志らべ師は酒柱が立つ長屋の花見。 雲水師は珍品です干鰯の牛の丸薬。 お仲入り。 寸志さんは名字ヒエラルキーの小林。 里う馬師はのどかな笑いの権助芝居。 ぜん馬師はしみじみ味…

桃太郎師は古典も爆笑 道具屋

しのばず寄席です。 空治が鈴ヶ森。 遊七さんは夜の帝王からがまの油。 萬橘師は芝居がおもしろい四段目。 ギターは習志野ごんべえさん。 里う馬師は親父の感じよく干物箱。 お仲入り。 いちかさんはおなじみ曲馬団の女。 好太郎師はしっかりちりとてちん。 …

春が来てなぜか大入り 梅屋敷

亀戸梅屋敷寄席は大入りです。 楽べえが庭蟹は洒落番頭。 鳳月さんは売り声から孝行糖。 小円楽師はためになる阿武松。 お仲入り。 萬橘師は思わず爆笑の時そば。 全楽師は板についてる猿後家。

昇々さん 妄想の夏のアオハル

春の両国お笑い寄席はちょうどいいディスタンスです。 八ゑ馬さんは前座噺なら江戸弁で弥次郎から初天神。 秋昇進で志ん雀になる志ん吉さんは昇々作のお面接。 はな平さんはのどかな博多弁があたたかい権兵衛狸。 昇々さんはアオハルの夏の思い出の妄想カン…

あんこさん 粗忽長屋とその後

神田連雀亭の昼席です。 番頭の昇羊さんはPRから二階ぞめき。 笹丸さんは師匠と一門を慮って猫の皿。 番頭の小んぶさんもPRとあくび指南。 あんこさんは粗忽長屋から行き倒れの女房。

ちょうどいい和みの芝居 池袋

池袋演芸場の中席昼の部です。 駒平が道灌。 小はぜさんはやかん泥。 きよひこ改メきよ彦さんは反抗期。 紙切りは楽一さん。 左龍師は粗忽長屋。 富蔵師は茶の湯。 にゃん子金魚さん。 はん治師は千早ふる。 しん平師は茗荷宿。 太神楽は和助さん。 権太楼師…

春風吹けば ほぼ芸協の連雀亭

神田連雀亭の昼席です。 翔丸さんは軽やかに小町~道灌。 志の太郎さんは真面目に親子酒。 風子さんはマネて歌って湯屋番。 昇輔さんはしっかり粗忽の使者。

美しく語る 小朝師と春と林と

国立演芸場の上席です。 ひこうきがつる。 ぴっかりさんは明るくたらちね。 柳朝師はクリアな口跡で唖の釣。 太神楽は勝丸さん。 三平師は定吉がかわいい四段目。 お仲入り。 文雀師は退散祈願の風の神送り。 楽器演奏はのだゆきさん。 小朝師は美しい語り口…

春の風雨の寛ぎの お江戸寄席

お江戸寄席です。 南海が子ほめ。 5月寿昇進の羽光さんはアニメ小僧。 いちかさんは快男子仁礼半九郞カナリアと軍人。 桃太郎師は自作のおなじみ金満家族。 お仲入り。 音まねはこばやしけん太さん。 好楽師は知りすぎた男がゆく風呂敷。

充実した顔付けを楽しむ 浅草

浅草演芸ホール上席の初日昼の部です。 扇ぽうが一目上がり。 さん光さんはかくし芸。 権之助師はたらちね。 奇術はアサダ二世さん。 やまびこ改メやま彦さんは転失気。 こみち師は熊の皮。 にゃん子金魚さん。 燕弥師は真田小僧。 小ゑん師は江戸会話教室。…

馬派の端整な語りに納得 池袋

池袋演芸場の下席です。 駒介が金明竹。 馬太郎さんは丁寧に手紙無筆。 柳勢師は朗らかに風呂敷。 馬治師は巧く演じ分け片棒。 ホンキートンクさん。 扇辰師は訛りよろしく権兵衛狸。 一之輔師はららら~んと錦の袈裟。 お仲入り。 駒治師は駄菓子屋のすもも…

龍志師 愉しく和む花見の仇討

立川流日本橋亭です。 半四楼が転失気。 志ら門さんはきれいな人好き安兵衛狐。 談吉さんはしっかり演じ切るたらちね。 雲水師は威勢よく笑い沢山の粗忽長屋。 お仲入り。 らく兵さんはいい工夫のあるお花半七。 左平次師はかなりおもしろい手紙無筆。 龍志…

充実した浪曲を堪能 都民寄席

都民寄席浪曲の会@シアターウエストです。 港家小ゆき師w.佐藤貴美江さんはベートーベン歓喜の歌。 東家一太郎師w.東家美さんは野狐三次彫り物の由来(野口甫堂脚色)。 澤孝子師w.佐藤貴美江さんは左甚五郎伝猫餅の由来。 トークは和田尚久さんで、沢村豊子さ…

若手が揃って腕を磨く 若葉会

はじめて来ました、若葉会です。 紅希が真田幸村大阪出陣。 子太郎が次郎長伝心中奈良屋。 鯉花が武蔵伝狼退治。 陽菜がクレオパトラ。 松麻呂が慶安太平記宇津谷峠。 紅純さんは煙草屋喜八八兵衛奔走。 紅佳さんは那須与一扇の的。 真紅さんは水戸桜田烈士…

正雀師と馬生師の圧巻の至芸

国立演芸場の中席です。 市松がたらちね。 馬久さんは落ち着いて真田小僧。 馬玉師は端整に仕上げた湯屋番。 ニックスさん。 正雀師は浪花千栄子から彦六入り紀州と寿ぐ松づくし。 お仲入り。 世之介師は自然体で語るあたま山。 奇術はダーク広和さん。 馬生…

歌の面々が賑やかに 浅草中席

浅草演芸ホール中席の2日目昼です。 菊一が饅頭怖い。 歌実さんは結婚式場。 多歌介師は町内の若い衆。 奇術は夢葉さん。 小せん師はやかん。 歌奴師は初天神。 針金はおしどりさん。 はん治師はぼやき居酒屋。 歌る多師は金明竹。 お仲入り。 太神楽は仙志…

こんなときだから お江戸寄席

お江戸寄席です。 南海(なんしー!)が子ほめ。 昇々さんは今や鉄板でウケる湯屋番。 紅佳さんは母里太兵衛(黒田節の由来/名槍日本号)。 鳳楽師は花が待ち遠しい長屋の花見。 お仲入り。 まねき猫さんは江戸家代々の芸。 桃太郎師は軽くさくっと勘定板。

好楽師 兄ぃの人柄よく風呂敷

亀戸梅屋敷寄席です。 しゅりけんが浮世根問。 好吉さんはクセのない桃太郎。 王楽師は明るく楽しく崇徳院。 お仲入り。 鳳笑師は小菅で職質から釜泥。 好楽師は博多で転倒から風呂敷。

美るくさん 旨みのある時そば

神田連雀亭昼席です。 紅佳さんはすっきり春日局家光養育。 だん子さんはきちんと端正に権助魚。 5月で禁酒3年の吉笑さんは親子酒。 美るくさんはしっとり旨味の時そば。