ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

朝之助さん力演! 三方一両損

二ツ目勉強会です。 彦星が一目あがり。 かゑるさんは都々逸親子。クスグリが効いています。 わん丈さんは寄合酒。マジメに明朗快活に演じます。 小んぶさんは安兵衛狐。大きく演って愛嬌があります。 花ん謝さんはちりとてちん。確かな臨場感があります。 …

充実した流れに納得の黒門亭

黒門亭の第二部です。 ぐんまがグレコ奮闘記。栄えあるバックドロップです。 遊京さんはろくろ首。中国帰りでフラっぽいのが出てます。 馬桜師はたがや。志ん朝・談志の二つのサゲを味わいます。 司師は湯屋番。艶っぽくてオツなたたずまいの若旦那です。 南…

鯉栄師の雨夜の裏田圃が怖い

かっぱの演芸会in日暮里です。 金かんが道灌。 円満師は浮世床の本~夢。ほわっとした優しい持ち味が活きて気持ちよくなります。 鯉栄師は村井長庵雨夜の裏田圃。くっきり演じ分けが効いてゾクッゾクッとします。 夢丸師は水屋の富。悪夢にも商いにも清兵衛…

天歌さん 表情豊かに天狗裁き

神田連雀亭の日替り夜席です。 どんなときもちゃんと演る大人のみなさんの真摯な高座に感謝です。 喬の字さんは牛ほめ。さん喬門下らしい落ち着きがあって上質です。 遊かりさんは寄合酒。芸協らしいカラッと楽しい可愛げがあります。 鯛好さんはちりとてち…

べ瓶X三四郎X吉笑に爆笑!

海の日の巣ごもり寄席は粋な上方特集です。 爆笑トークは富士登山から酒ぐせのモンダイ。上方勢の“盛り”が光ります。 三四郎さんはMOMO。外国人相手の桃太郎から異文化を考えさせます。 理屈の吉笑さんは京風の関西弁のぞおん。もう十分に洗練されていま…

里う馬師のタフなお化け長屋

立川流夜席は子どもがいるし逢い引きもいる妙な客席です。 笑んが真田小僧。 がじらさんはかぼちゃ屋。スッキリ筋が通っています。 志の彦さんはたがや。橋はごった返しているようです。 談之助師はおなじみ立川流の由来から上納金のはなし。 小談志師は締め…

王楽師 明るくクリアな愛宕山

両国寄席です。 栄豊満が半分垢。 鯛好さんは看板のピン。貫禄ある親分で魅せます。 品行方正な好吉さんはこれでいい真っ当な寄合酒。 正雀師は茄子娘。昔話のような味わいで包みます。 談幸師は青菜。軽くツボを掴んでいき大ウケです。 円福師は野ざらし。…

寸志さん 若く明るくだくだく

神田連雀亭の日替り寄席はなんともいえない雰囲気です。 小辰さんはいかけや。憎たらしく騒がしい子ども達です。 犬のマンガ好きのやなぎさんは子知る。みんな養子です。 志獅丸さんは餃子まで好きな疝気の虫。仕草が愉快です。 寸志さんは明るく元気に本寸…

ほたるさんのカワイイ!百川

ほくとぴあ亭です。 馬ん長が手紙無筆。逞しくなっています。 昇羊さんは悋気の独楽。すっきりと熊野の牛王さんを効かせます。 好の助さんは二十四孝。腕を上げ絶妙の突っ込みを繰り出します。 こはるさんは岸柳島。男前の侍と確かな江戸の風にジワがきます。…

和光師の披露目の温かい寝床

披露目の大詰めは国立演芸場夜の部です。 鯉佐久が狸鯉。 羽光さんは落語の予告編のニューシネマパラダイス。 里光師は時うどん。さらっと演じて旨みがあります。 北見伸さんとステファニー。 柳之助師はたがや。手堅く演じて爽快感があります。 寿輔師は親…

宮治さん全開 面白すぎる船徳

研精会です。 小多けが子ほめ。 わん丈さんは寄合酒。アレンジのセンスが妙に光ります。 小辰さんは鈴ヶ森。緩急から強弱へ巧みに盛り上げます。 小はぜさんは富士詣り。ユルい噺が適度にくたくたです。 仲入りのチケット販売にベイマックス扇兵衛さんが闖入…

小南治師のハワイの雪に感激

今日はしのばず寄席の夜の部です。 遊七が子ほめ。 三四楼さんは金明竹。愉快な名古屋弁バージョンです。 ミスター梅介さん。 柏枝師は珍しいお玉牛で幻惑して祇園小唄を踊ります。 梅湯さんはシブく関東七人男より高萩猪之松の生立ち。 青空たのしさん。 小…

孫世代も育って立川流日暮里

立川流日暮里寄席です。台風の大雨警戒でも入っています。 錦笑がかぼちゃ屋。 かじらさんは親子酒。2年ぶりに観て力が充実しています。 志獅丸さんは強情灸。がまんのバリエーションが上等です。 龍志師は家見舞。気どらない江戸っ子ぶりがたまりません。 …

談笑・奈々福は夢の新作競演

談笑・奈々福二人会です。(曲師は美舟さんです) 錦笑がかぼちゃ屋。 談笑師の一席目は堀の内。いきなり駆け付けの熱演です。 奈々福師は飯岡助五郎の義侠。笹川繁蔵だけじゃないと。 お仲入りから新作競演へ。 奈々福師はシンデレラ。いつも工夫を見つけて…

いま最高に脂ののった顔付け

池袋演芸場の下席は、最高に脂ののった顔付けで大入りです。 かな文がたらちね。 小辰さんは代脈。がっつりウケています。 寿昇進の歌実さんは湯屋番。可愛いです。 喬太郎師は茶代。珍品でグッと惹きつけます。 ホームランさん。 一之輔師は黄金の大黒。軽…

夢太朗師 おおらかに池田大助

JAL名人会です。 一猿が元犬。 市弥さんは牛ほめ。爽やかすぎるイケメンの与太郎です。 龍玉師は親子酒。呑みっぷり酔いっぷりが光る絶品です。 龍志師は崇徳院。意気と愛嬌の江戸の風が吹いています。 U字工事さん。 夢太朗師は池田大助。大きな身体で…

小辰さん 丁寧な仕上げの転宅

二ツ目勉強会です。 たま平が浮世床の夢。 伊織さんは鮑のし。余計なクセがなく前途有望です。 たん丈さんは老人前座。じじ太郎ががんばってます。 さん若さんは馬の田楽。大らかにのどかに演じます。 木りんさんは七段目。芝居がとっても楽しそうです。 小…

花束の人気者 四合せ二ツ目会

町屋お笑い寄席です。今回は平日夜ですが十分入っています。 八ゑ馬さんは手水廻し。意外に長頭の男でけっこう笑えます。 昇々さんは千両みかん。昇々流の慌てまくる番頭が愉快です。 お仲入り。 志ん吉さんは粗忽の釘。シリアスな必死の粗忽がナイスです。 …

実は古典上等の愛橋師 幾代餅

お江戸日本橋亭で「愛橋の会」です。 全太郎が寿限無。 希光がのめる。 小笑さんは粗忽の釘。今のところ安定感のあるのはコレです。 愛橋師はAED。心配な心肺で、救命で9名って…ことです。 茶楽師は三方一両損。思いのほか威勢がよくって素敵に闊達です…

講談もいいなぁ~二ツ目時代

講談協会二ツ目時代です。 初々しい貞奈が塚原卜伝より無手勝流。 こなぎさんは水戸黄門より楠公湊川建碑。 山緑さんは本能寺。来春寿昇進!です。 一乃さんはどっしり構え勝海舟の妻民子。 貞鏡さんは大岡政談よりしばられ地蔵。 あったかいすずさんは意地…

一之輔師 健在の毒と炎に納得

一之輔師・夏の毒炎会の収録です。 駒次さんは東急を軸に鉄道戦国絵巻。どっと沸かせます。 一之輔師は鰻の幇間。ファンの心を掴むまさに毒炎です。 お仲入り。 水戸大神楽は柳貴家雪之介さん。 一之輔師のトリはらくだ。ご通家も唸る火屋までフルの熱演です…

和める楽しい兼好鯉栄二人会

兼好・鯉栄二人会です。 じゃんけんが釜泥。 鯉栄師は狼退治。遠吠えも高らかに、確かに男前です。 兼好師は厩火事。おさきのとぼけたキャラが秀逸です。 お仲入り。 兼好師は桃太郎。ギャグに加え豊かな表情でみせます。 鯉栄師のトリは鉄砲のお熊(白鳥作)…

遊之介師 軽く確かなお見立て

しのばず寄席です。 遊七が狸札。馴染んで吹っ切れそうです。 吉幸さんは真田小僧。謹厳実直な高座です。 遠野の語り部は鶴和さん。 神楽師は短命。ぶりのアラが手堅く愉快です。 すずさんは仙台の鬼夫婦。キリッと温かです。 左利きさん。 遊之介師はお見立…

あほの会 上方の面白味を満喫

出張を機に天満天神繁昌亭へ行きます。 毎月15日で118回目のあほの会です。 三若さんは軽やかにカリスマホームレス。 雀太さんはしっかりした胴乱の幸助前半。 仁福師は元犬。気張らない姿が素敵です。 笑丸さんは鯉津栄之助。オツな珍品です。 由瓶さ…

雲水師 笑い山盛りの粗忽長屋

立川流夜席です。 錦笑がかぼちゃ屋。 龍志師は医者小噺。どうぞこの時節お大事になさってください。 志の春さんは絶校長。さとうとしおの見ざる聞かざるEXILEです。 志の太郎さんは禁酒番屋。一輪挿し入りでシリアスに演じます。 左平次師は権兵衛狸。きさ…

一朝師 江戸の気風満ちる天災

国立演芸場上席夜の部です。 朝太郎が子ほめ。 朝之助さんはつぼ算。張り切っていてじつは繊細です。 三朝師は唖の釣。すでに真打の風格がにじんでいます。 マギー隆司さん。 馬石師は駒長。お駒も丈八も巧みにモノにしています。 小里ん師は一人酒盛。自然…

鳳楽師 風情のあるオツな船徳

両国寄席です。 西村が手紙無筆。 とむさんは片ブラ。局所的にウケています。 吉幸さんは幇間腹。軽快で明るい高座です。 楽之介師は三年目。旦那に共感してきます。 楽麻呂師はウワサの官邸の最高レベルです。 竜楽師は親子酒。確かな話芸がひかります。 神…

神田連雀亭の贅沢なひととき

神田連雀亭の日替り寄席です。 翔丸さんはだくだく。さわやかに真面目に演ってくれます。 かゑるさんはラブレター。マクラの池袋甘太郎が愉快です。 喜太郎さんは動物園。園長の渋めのキャラがユニークです。 喬の字さんは厩火事。しっかりした落協の語りで…

シブい新旧正統派の競演 池袋

池袋演芸場の昼の部です。 彦星が牛ほめ。 花ん謝さんは粗忽長屋。しっとり仕上げです。 あんこさんは初天神~寿昇進ゴジラかっぽれ! ロケット団さん。 正雀師は鴻池の犬。絶品の味わいの語りです。 菊太楼師は締め込み。そこですが効果的です。 翁家社中。…

やさしくなごむ立川流日暮里

立川流日暮里寄席、今日はなごみの顔付けです。 只四楼がまんじゅう怖い。 寸志さんはのめる。5日後50才の明るさです。 こはるさんは桃太郎。元気良すぎるくらいです。 談修師は狸札。本格的な前座噺にナットクです。 ぜん馬師はねずみ。味わい深い上等な…

力をつけた緑太さん ねずみ穴

研精会です。 小多けが道灌。 市楽さんは源平盛衰記。奇をてらわず基本に忠実です。 こみちさんは応挙の幽霊。姿も唄も小粋できれいです。 正太郎さんは酢豆腐。若い衆にも見ごたえがあります。 昇々さんは雑俳。古典でがっちり笑いをとっています。 緑太さ…

二ツ目勉強会は大ネタの競演

二ツ目勉強会です。 かな文がたらちね。 馬久さんは近日息子。しっかりコシと安定感があります。 八ゑ馬さんは胴乱の幸助。笑いのツボを掴んだ十八番です。 志ん八さんは子はかすがい。ぽかぽか心が温まってきます。 けい木さんは死神。丁寧でフレッシュでク…

抱腹絶倒! 昇々トリビュート

裏研精会は昇々トリビュートです。この大入りは昇々ファン結集? 小多けが手紙無筆。 宮治さんは最終面接。力技の押しで本家よりも沸かせます。 こみちさんは廻る家族。昇進を目前に品のある仕上げです。 志ん吉さんはDear,パパ。全力で挑んで啖呵の場で魅せ…

染二師 なにわの風の借家借り

JAL名人会です。 一猿が狸札。 小笑さんは粗忽の釘。何ともいえないとぼけた素のキャラが合っています。 王楽師はしの字嫌い。意外に難しい噺で、三遊亭の高度な話芸が光ります。 菊之丞師は幾代餅。思いやりあう江戸っ子の気風が心地よく満ちてきます。 …

A太郎さん 大人の厚みの景清

二ツ目勉強会です。 善太郎が寿限無。伸力が権助魚。 翔丸さんはだくだく。おなじみの汗だくだくの熱演です。 昇也さんは二十四孝。師匠ゆずりの明るさ爽やかさです。 コント山口君と竹田君。 遊吉師は抜け雀。クールにサラリと演じるのが持ち味です。 幸之…

鯉橋師 見ごたえ十分の鹿政談

人形町寄席です。 文菊師は千早ふる。やわらかく上手に客席を温めていきます。 蔵之助師はちりとてちん。ツボを的確に捉えて笑い沢山です。 三木男さんは花見の仇討。丁寧にくっきり光景を描いてます。 兼好師は日和違い。軽妙な持ち味で珍品の魅力を蘇らせ…

和やかな小蝠師の会 禁酒番屋

今日は柳家小蝠の会です。 伸しんがまんじゅう怖い。 小蝠師の一席目は阿武松。根多おろしなんだとは思えない安定感です。 お仲入り。 腕を上げている昇也さんはお見立て。独特の風味のおもしろいお大尽です。 小蝠師のトリは禁酒番屋。水カステラから徐々に…

龍志師 たまらなく可愛い笠碁

立川流夜席です。 真田小僧が談洲。逆です。 吉笑さんは十徳。力強く構えスジを通しながら笑わせます。 志のぽんさんは風呂敷。飄々と意表をついてクスグリます。 談慶師は蛙茶番。それぞれのシーンに粋な工夫があります。 雲水師は狸賽。虚実の間が理屈抜き…

市童さん なかなかのろくろ首

雨ん中の神田連雀亭のきゃたぴら寄席です。 一左さんは悋気の独楽。落語家さんらしい佇まいです。 昇吾さんは犬の目。いまは安定感があるのはこれです。 遊かりさんはだくだく。まさに汗だくだくの熱演です。 市童さんはろくろ首。ざっくりとなかなかの腕前…

遊吉師 面白く楽しい化物使い

しのばず寄席の夜の部です。 だん子が真田小僧。 琴柑さんは塚原卜伝の女武芸者・菅原お照。きれいです。 ダーク史郎さん。 明楽さんは転失気。こりゃ~新機軸へ挑んでいていいね! 小談志師は崇徳院。きちんとカラッとした高座に癒されます。 コント青年団…

珠玉の千秋楽! 大演芸まつり

大演芸まつりの千秋楽は幹部が勢揃いの連合特選会です。 開口一番は大番頭の三笑亭夢太朗師が江戸っ子噺。 日本司会芸能協会から青空たのしさん。 ボーイズバラエティ協会から大空なんだかんださん。 東京演芸協会から名和美代児さん。 落語芸術協会・三遊亭…

談修師 やさしく演じる蛙茶番

立川流日暮里寄席です。 錦笑が道灌。思わず客席が応援って......ピクミンみたいです。 吉笑さんは一人相撲。着眼点も関西弁も合わせてにぎやかです。 こはるさんは権助提灯。女たちが冴えて豪快な権助に笑えます。 志ら玉師は近日息子。ほのぼのとした持ち…

始さん 表情豊かに浮世床の夢

神田連雀亭の日替り夜席です。 美るくさんは紙入れ。なかなか色っぽいおかみさんにグッときます。 好吉さんはしの字嫌い。三遊亭の若者らしい真っ直ぐな滑稽味です。 歌扇さんは動物園。ビミョーなギャグで突き進むミドルの熱演です。 始さんは浮世床の本と…

芸協の真骨頂! 大演芸まつり

大演芸まつりの芸協仲夏祭花形は大入りです。 春雨や晴太がたらちね。 小痴楽さんは磯の鮑。ピチピチの与太郎の突進に爆笑です。 遊雀師は十徳。八公の悔しげな泣き顔がチャーミングです。 小遊三師は浮世床。客席をつかんで夢じゃなくて将棋と本。 金馬師と…

左橋師 心が安らぐ井戸の茶碗

正月とGWは3日もある四の日寄席です。 馬石師は権助芝居。本当の七段目をしっかり描くので笑えます。 やまと師は粗忽長屋。力量が込められた迫真の粗忽で魅せます。 文菊師はやかんなめ。よくぞ身共を呼び止めたでもう爆笑です。 一左さんはいもりの黒焼…

緑太さん 爽やかに佐々木政談

神田連雀亭の日替り夜席です。 双葉さんは初天神。金坊は可愛くて、たくましい父はどこかオネエっぽいのです。 昇吾さんはまんじゅう怖い。ふわっとしたたどたどしさがどこか愛らしいのです。 竹千代さんはたらい回しの廻り酒。マクラは旭市のスタア・北上健…

好楽師 温かく人柄描く三年目

両国寄席です。 はち好が酒の粕~牛ほめ。 鯛好さんはまんじゅう怖い。それなりにイイ工夫があります。 左橋師はお花半七。なごやかでおおらかな安らぎの一席です。 好太郎師はちりとてちん。じっくりコシがあってシブめです。 ぜん馬師は何と講談!は組小町…

円橘師の庖丁 鯉昇師のねずみ

JAL名人会です。 一猿が一目あがり。 美るくさんは権助魚。からっと明るくて愛らしい権助です。 菊太楼師はへっつい幽霊。古今亭を味わう厚みの語りです。 円橘師は庖丁。メリハリを効かせて巧みに演じる逸品です。 キャン×キャンさん。 鯉昇師はねずみ。…

竹三さん 進境を示す五貫裁き

二ツ目勉強会です。 昇りんが子ほめ。 遊里さんは湯屋番......と思いきやにわかに庭蟹。 吉好さんは花見の仇討。大ネタにもコミカルに挑みます。 ひでややすこさん。 談幸師は茶の湯。風流にして可笑し味のある十八番です。 鯉白さんはあやしげにチックタッ…

こみちさん 見応えある虱茶屋

二ツ目勉強会です。 ぐんまが平林。 やなぎさんは真田小僧。力み気味でも若々しく元気があります。 市江さんはずっこけ。じっくりタメを効かせた酔いっぷりです。 吉緑さんは厩火事。稽古が活きたクリアな聴きやすい口跡です。 こみちさんは虱茶屋。愛嬌のあ…