ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

鯉昇一門が揃って賑やか 浅草

浅草演芸ホールの中席後半昼の部です。 松麻呂が伊井直人(仙台の鬼夫婦)。 鯉舟さんは勘定板。 和妻は北海翼さん。 柳若さんは猫の皿。 鯉八師はにきび。 ナオユキさん。 鯉枝師は実践自動車教習所。 文治師はお血脈。 お仲入り。 京太ゆめ子さん。 南なん師…

伝家のカラオケ病院 桃太郎師

お江戸寄席です。 幸太が子ほめ。 来春寿昇進の昇吉さんは安いお店。 紅佳さんは明暦の大火・振袖火事。 里う馬師は流れるようなお見立て。 お仲入り。 奇術は夢葉さん。 桃太郎師は伝家の宝刀カラオケ病院。

楽しいお昼 連雀亭ワンコイン

神田連雀亭のワンコイン寄席です。 一猿さんはハチ公のキャラが愉快な新聞記事。 はな平さんは歌舞伎の表情も仕草も豊かに七段目。 小ゆきさん(w.美舟さん)は黄門漫遊記より尼崎の巻。

この加減が丁度いい 七人の侍

今日は夏休みでお江戸両国亭の七人の侍です。 鯉橋師は甲府いからすっきり踊ってかっぽれ。 貞寿師はハッピーで爽やかに演じ出世浄瑠璃。 お仲入り。 枝太郎師は先代が子は鎹を改作した子故の春。 鳳志師は痩せ過ぎか心配だがきっちりと百川。 お仲入り。 円…

円太郎師 楽しいお崎の厩火事

国立演芸場中席の初日の第一部です。 貫いちが平林。 ぴっかりさんは爽やかに演じ表彰状。 一左師は仕草でも笑っちゃう幇間腹。 やまと師はしっかりしたあくび指南。 めおと楽団ジキジキさん。 円太郎師は調子のいいお崎の厩火事。

鳳楽師 安定感が抜群の阿武松

亀戸梅屋敷寄席です。 楽べえが子ほめ。 楽天さんは少々イラッとくる長短。 楽京師はサクサク運んで禁酒番屋。 お仲入り。 全楽師はなかなか面白いだくだく。 鳳楽師は安定感たっぷりの阿武松。

楽之介師 ためになります荒茶

亀戸梅屋敷寄席です。 楽べえが転失気。 鯛好さんは声の大きい替り目。 佑行師は丁寧に目黒の秋刀魚。 お仲入り。 萬橘師は工夫が多い爆笑の長短。 楽之介師は荒大名の茶の湯(荒茶)。

可龍師 味よく愉快な大山詣り

上野広小路亭上席後半です。 りょう治がたらちね。 昇吾さんは犬の目。 夏丸師は茄子娘。 新山真理さん。 芝楽師はぜんざい公社。 文治師は質屋庫。 紙切りは花さん。 雷蔵師は山崎屋。 お仲入り。 紅師はお富与三郎。 ぴろきさん。 鯉橋師は蒟蒻問答。 遊吉…

鳳楽師厚みのある語り 阿武松

お江戸寄席です。 伸び太が道具屋。 とむさんは近ごろ得意の権助提灯。 菫花師は楽しく痛快な犬神郡兵衛。 竹蔵師は蛇含草から踊って夕立ち。 相撲は一矢さん。 鳳楽師は橘屋と錣山のいい阿武松。

四派男女の味わい 連雀亭昼席

神田連雀亭昼席です。 一花さんはしっとりとした味わいの子ほめ。 来春寿昇進の小笑さんは愉快な悋気の独楽。 だん子さんはマイルドで柔らかな真田小僧。 ぽん太さんは長講をしっかりと演じて死神。

楽しいカラオケ病院 桃太郎師

お江戸寄席です。 どっと鯉がだくだく。 来春寿昇進の昇々さんはみずみずしい千両みかん。 いちかさんは半井源太郎と歌右衛門の名医と名優。 鯉昇師は雰囲気を醸し出す浜松餃子版の蒟蒻問答。 奇術は夢葉さん。 桃太郎師は師匠譲りの伝家の宝刀・カラオケ病…

緑太さん 進境を示す締め込み

二ツ目勉強会です。 貫いちが桃太郎。 ふう丈さんは元気いっぱいに青菜。 志ん松さんは雰囲気を醸して碁泥。 あんこさんはより快調に洒落小町。 市江さんは今や十八番の蜘蛛駕籠。 緑太さんは進境を示して締め込み。

あんこさんおめでとう 連雀亭

神田連雀亭昼席です。 一花さんはお花も婆さんも可愛い宮戸川。 好二郎さんは百舌の嘴の仕草のいい棒鱈。 寿ご結婚のあんこさんは楽しい女房の洒落小町。 㐂いちさんはとぼけっぷりよく粗忽の釘。

甘く酸っぱい私小説 羽光さん

ほくとぴあ亭です。 南太郎が狸札。 3月下席昇進の金かん改メ花金さんは愉快な酢豆腐。 美るくさんは奥様と番頭版の楽しい猫と金魚。 遊京さんは基本に忠実に仕草まで丁寧に船德。 来春5月寿昇進の羽光さんは甘酸っぱい私小説落語青春編パート1。

披露初日は大入り札止め 池袋

池袋演芸場下席の披露目の初日は札止めの大入りです。 美馬が子ほめ。 わん丈さんはがまの油・改。 三朝師はあくび指南。 木久蔵師は幇間腹。 笑組さん。 歌武蔵師は犬の目。 正蔵師はお菊の皿。 お仲入り。 披露口上。 円歌師はやかん。 市馬師は芋俵。 紙…

急場に!一門の青菜 志らべ師

なかなかの入りの立川流日本橋亭昼席です。 笑えもんがつる。 代演の吉笑さんはおなじみ狸の恩返しすぎ。 こしら師は大爆笑の片棒・改。 雲水師は枝雀得意の幽霊の辻。 らく兵さんは野菜も救う後生鰻。 志らべ師は哲学的なあくび指南。 そして仰天! トリは…

大旦那の佇まいの寝床 鳳楽師

酷暑でも亀戸梅屋敷寄席は大入りです。 しゅりけんが道灌。 楽天さんはもわっと色っぽい紙入れ。 とん楽師は沢山入れる目黒の秋刀魚。 兼好師は飄々と笑わせる黄金の大黒。 鳳楽師は大旦那の佇まいが絶妙な寝床

江戸の夏の風情の船德 龍志師

立川流広小路亭昼席です。 笑えもんがたらちね。 談洲さんは真田小僧。 だん子さんは狸札。 わんだ師は軽く弥次郎。 キウイ師は元気にたがや。 ぜん馬師は珍しい肝つぶし。 お仲入り。 笑二さんは立派な大工調べ。 談吉さんはさいたま。 左平次師は淡々とぞ…

絶妙の加減が光る佃祭 鯉昇師

池袋演芸場中席の昼の部です。 りょう治が鈴ケ森。 鯉丸さんは危なげなく道具屋。 奇術はポロンさん。 寿昇進の小とりさんは指切り。 鯉八師はたぶんスナック洋子。 宮田陽・昇さん。 鯉太師はなんとなく異母兄弟。 桃太郎師はおなじみ金満家族。 お仲入り。…

初見の実子さん 花の那須与一

神田連雀亭の昼席は酷暑でも14名の客席です。 一花さんはしなやかに黄金の大黒。 吉好さんはまだやや堅い鰻の幇間。 実子さんは那須与一。娘義太夫の風情です。 花飛さんはぐっと真面目に金明竹。

長屋の面々がいい佃祭 左龍師

池袋演芸場上席昼の部です。 与いちが道灌。 小んぶさんはあくび指南。 小志ん師は動物園。 奇術はマギー隆司さん。 たけ平師は自省の詩。 一之輔師はろくろ首。 カンジヤママイムさん。 扇辰師は千早ふる。 燕路師は夏泥。 ロケット団さん。 さん喬師は棒鱈…

若手が伸びるよ 巣ごもり寄席

やっと来ました巣ごもり寄席です。 晴太さんはなかなかさわやかに寄合酒。 音助さんはじっくり本寸法のお見立て。 お仲入り。 真紅さんは島井宗室なら楢柴の茶入れ。へうげものかな。 一花さんは落ち着いた仕上げの大工調べ。

改メ 好青年さんおめでとう!

亀戸梅屋敷寄席です。 しゅりけんが一目上がり。 朝橘師はなかなかおもしろい茄子娘。 4月に寿昇進した楽大師は粗忽の釘。 お仲入り。 二ツ目昇進披露口上。おめでとう! じゅうべえ改メ好青年さんはちりとてちん。確かに好青年です。 好楽師は味のある語り…

たけ平師の圧巻! 豊志賀の死

林家若手の野方寄席です。3月8日からの振り替え再開です。 まめ平さんはお菊の皿。まくら沢山に客席を温めてくれます。 あんこさんは青菜。照明のトラブルに動ぜずしっかり語り切ります。 たけ平師は豊志賀の死。一時間を超えて魅せる渾身の長講に感服です…

こなぎさん 充実のお札はがし

神田連雀亭昼席の昼席です。 客席は男性5人女性7人の入りです。 鯉白さんは微妙なナルシシズム温泉。 橋蔵さんはこなれた間合いで寄合酒。 伸べえさんはフラが全開の竹の水仙。 こなぎさんは充実の牡丹灯籠お札はがし。

楽しい二階ぞめき 志ん吉さん

二ツ目勉強会です。 ひこうきが桃太郎。 木りんさんは気合いよく金明竹。 一猿さんはのどかな武助馬。 やなぎさんはシリアスな天狗裁き。 伊織さんは丁寧にそば清。 志ん吉さんは上機嫌に楽しい二階ぞめき。

半七よりおふみの魂 あおい師

神田すみれ一門会です。 凌天が一休禅師より老師の杖。 こなぎさんは居合いの祖・辻兵内より斬らずの辻斬り。 ゲストの一邑師は青山士荒川放水路物語。 すみれ師は蘇生奇談。 ゲストの梅湯さんは檀ノ浦源平最後の戦い。 あおい師は半七捕物帳よりおふみの魂。

かしめ&志ら門 暑い夏の熱演

地元の町屋文化センターのなないろ広場は夏の落語です。 4月に寿昇進したかしめさんは片棒。がんばっています。 志ら門さんは宿屋の仇討。長講をしっかり演じています。 荒川ケーブルテレビの収録が入って、近日放送されます。

朗らかな客席は しのばず寄席

しのばず寄席です。 南之助が牛ほめ。 とむさんは権助提灯。 夢丸師は夢の酒。 好太郎師は災難寿司。 ものまねはリトル清宮さん。 蝠丸師は死ぬなら今。 お仲入り。 三味線は右尾祐佑さん。 貞心師は夫婦餅。 談之助師は漫談お国訛り。 紙切りは花さん。 桃…

4ヶ月ぶりに池袋! 菊志ん師

4ヶ月ぶりに池袋演芸場下席昼の部です。 ごはんつぶが子ほめ。 志ん松さんはきっちり真田小僧。 5月下席寿昇進の小はださんは牛ほめ。 菊太楼師は和みの長短。 針金はおしどりさん。 文蔵師は枝豆上等の馬のす。 小ゑん師はオタク上々の下町せんべい。 3…