読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

緑君さんのおちゃめな!死神

光る二ツ目の会です。 朝七が真田小僧。 扇さんはきく麿師作の歯ンデレラ。かわいいおばあちゃんです。 歌太郎さんは寝床。どっしり構えたっぷりパワフルに運びます。 天歌さんは禁酒番屋。新作に通じる明るく演じる工夫沢山です。 緑君さんは死神。死神のお…

吉幸さん 粋にサゲる野ざらし

イケてる顔付けのシンプー寄席が......ツバナレという不思議です。 真紅さんは桂昌院。今日が誕生日の紅師匠の十八番で祝います。 昇也さんは片棒。柔らかく心地よい落語家さんらしい語りです。 小痴楽さんは大工調べ。練れてきて、可愛げも色気もあります。…

昼夜通しで満喫 しのばず寄席

しのばず寄席、今日は昼の部からです。 伸力が牛ほめ。 今いちさんはやかん。堂々と重みが増してきています。 枝太郎師はお菊の皿。パワフルに盛り上げてくれます。 ジャンふじたにさん。 円丸師は佃祭。漁師の金五郎の気風のよさが光ります。 お仲入り。 阿…

大入りだ! 立川流広小路寄席

立川流の広小路亭昼席は大入りです。 語楼が子ほめ。いいよ! らく人さんは短命。練れてきています。 吉笑さんは堂々と定番の狸の恩返しすぎ。 三四楼さんはまんまでいいよあくび指南。 志ら乃師は半額。グロサリー部門ですね。 雲水師はさすがのしゃべりの…

正太郎さん 充実ぶり示す茶金

裏研精会です。今回の企画はOBを招いてです。 はまぐりがつる。 小はぜさんは岸柳島。武張ったところの軽いタッチが素敵です。 市童さんは長屋の花見。花見のシーンの台詞の工夫が笑えます。 志ん吉さんは粗忽の釘。本寸法で笑わせる力を観せた好演です。 …

志ら乃師 意欲的な企画の夜席

立川流夜席はてっぱん2です。(マクラまでネタ出しは......) だん子が真田小僧。 志の太郎さんはまことくんから、妙にさわやかに演じて湯屋番。 左団次師はガン病棟の人々からの短命。回復を祈願しています。 志らら師は付き人の日々から、工夫が活きてい…

冷たい雨に 温かい立川流夜席

立川流夜席です。 談洲が子ほめ。 談吉さんは黄金の大黒。持ってるキレ味が活きるコシやタメが芽生えています。 志奄さんは権助魚。ムーディーな語り口の中にときどきキラリが見えています。 談慶師は天災。八五郎と名丸先生の対照を効かせてサゲまで盛り上…

寿昇進!朝橘師 逞しく田能久

両国寄席は橘也改メ朝橘師の披露目です。 楽べえが転失気。 好吉さんは釜泥。しっかり整った語り口に好感が持てます。 文蔵師は寄合酒。シブく掴んで忍ばせてた愛嬌で魅せます。 楽生師は初天神。明朗にして明快な安心の十八番です。 神楽師はのめる。千三つ…

里う馬師 凄い強飯の女郎買い

立川流日暮里寄席です。 かしめが新聞記事。 吉笑さんは走馬灯。スジはともかくシュールな生死の描写はさすがです。 談吉さんはよかちょろ。前半をたっぷり演じて、完成を目指しています。 談修師は芋俵。噺の味を活かす盛らない語り口で、無理なく楽しめま…

個性派が揃った連雀亭で爆笑

神田連雀亭の日替り寄席です。今日は個性派が揃っています。 小痴楽さんは幇間腹。しゃべりに色気があって、しっかり笑いもとれます。 らく人さんは禁酒番屋。独特の軽妙な芸風が少しづつ逞しくなっています。 A太郎さんはほれうそ。反対すぎるに対句もノッ…

わん丈さん クリアな花見小僧

研精会です。 かな文が松竹梅。 こみちさんは反対俥。女流らしくエレガントに跳ねていながらかなり笑えます。 市楽さんは粗忽の使者。大師匠から継承されてきた形のツボを押さえています。 市童さんは棒鱈。大らかな珍歌と大人の兄貴分や女将との対照が映え…

小んぶさん 力強く端整な死神

二ツ目勉強会です。 緑助が真田小僧。 天歌さんは真夜中の集い。とりあえずにぎやかですが、三人くらいで描き込みたい噺です。 花ごめさんは厩火事。緊張が伝わってきますが、それでも気丈に丁寧にしっかり運びます。 三木男さんは五貫裁き。ハラハラの要処…

昇々流のステキな御神酒徳利

町屋お笑い寄席です。 志ん吉さんは道灌。大きく構えて余裕を持って笑わせてくれます。 はな平さんは崇徳院。持ち味のあったかい滑稽味を伸ばしています。 八ゑ馬さんは書割盗人(だくだく)。上方らしく楽しく絵を描いていきます。 昇々さんは御神酒徳利(新羽…

歌之介師 母のアンカにホロリ

今日はJAL名人会です。 一猿が転失気。 円満師は骨皮。江戸っ子らしくサラリと粋に味よく演じます。 太福師は(曲師はみね子さん)地べたの二人。これはガロ系にぶっ跳んでる新・浪曲です。 談慶師は人情八百屋。ぐっぐっと胸にしみる立川流ならではの熱…

小柳師 ほがらかに語る茶の湯

今日は「落語フリーダム」です。 あまぐ鯉が桃太郎。 楽ちんが黄金の大黒。 五月寿昇進の桃之助さんは禁酒番屋。丁寧にほどよい愉快を演じています。 おなじみの~色モノ代わりの~鯉太の~バッタもん歌謡ショー。 笑好師はつぼ算。ひょうひょうとちゃんと語…

春の国立の芸協でほんわかと

国立演芸場の中席の千秋楽です。初日の裏を返します。 幸之進さんがつる。明日から二度目の寿昇進、おめでとうございます。 小痴楽さんは幇間腹。若々しい艶のあるカッコいい噺家になってます。 里光師は動物園。高座運びがこなれてきて、虎の仕草もまた愉快…

素敵な面々が揃った池袋中席

池袋中席です。 昼トリの左龍師は厩火事。確かな腕とお崎の豊かな表情に爆笑です。 そして夜の部。 朝七が子ほめ。 わん丈さんはそうだ寿限無きこう。あっくんに笑い泣きです。 龍玉師は親子酒。酒呑みを憎らしいほど巧みに演じています。 一風千風さん。 小…

小談志師 清々しく語るねずみ

立川流夜席です。 志らぴーがたらちね。 こはるさんは湯屋番。白波五人男の台詞がキマっています。 志獅丸さんは権助提灯。高座にどっしり安定感があります。 龍志師は家見舞い。江戸の風と人物の可愛げがたまりません。 雲水師は桃太郎。さくっと運んで面白…

菊之丞師 艶のある確かな転宅

今日は地元町屋のサンポップ寄席です。 はまぐりが子ほめ。 菊之丞師の一席目は長さんが関西人の長短。東西の言葉の対照も達者です。 一左さんは竹の水仙。町屋の星は一歩一歩着実に前に進んでいるようです。 紙切りは正楽さん。 菊之丞師のトリは転宅。度胸…

円遊師 年季の入った火焔太鼓

国立演芸場の中席の初日です。 幸之進さんはつる。二度目の昇進おめでとうございます。 吉幸さんは真田小僧。ストレートスタイルを貫いてます。 里光師は動物園。こなれていてなにわともあれ愉快です。 一矢さん。 鯉朝師は街角のあの娘。長年磨き育ててきた…

好楽師巧み 怖く面白く一眼国

両国寄席は大入りです。 じゅうべえが寿限無。 楽八さんは鈴ヶ森。まず押し出してきます。 真楽師は道具屋。シブく柔らかい運びです。 好の助さんは義眼。しっかり考えています。 楽之介師は鼓ケ滝。味わい深い軽妙さです。 兼好師は紋三郎稲荷。表情も仕草…

とん馬師 小粋に楽しく稽古屋

広小路亭上席前半の千秋楽です。 晴太が魚根問。 かん橋が寄合酒。 翔丸さんは悋気の幽霊。早口はともかく、いい感じにこなれています。 小笑さんは粗忽の釘。ボケ風味の語り口が徐々にタフになっています。 マグナム小林さん。 愛橋師は長屋の花見。古典を…

正太郎さん魅せる熱演 愛宕山

ほくとぴあ亭です。 金の助がお父さんは出張ですって他行。 音助さんは深~いか浅いかの七度狐。着実に腕を上げています。 北区の星・鯉八さんはおちよさん。流れ板のつくねの誠治です。 市弥さんは禁酒番屋。イケメンなのになかなか笑わせています。 正太郎…

はな平さんの楽しい品川心中

二ツ目勉強会です。 門朗が雑俳。 かゑるさんは呑める。いつもより丁寧でナイスでYDKです。 緑君さんはくしゃみ講釈。こりゃハッキリ腕が上がっています。 歌太郎さんは転宅。腹の据わったコシのあるお菊が持ち味です。 扇兵衛さんは植木屋娘。おもしろい…

鯉津さん しっかり運ぶ宿屋仇

二ツ目勉強会です。 桜子が五郎正宗孝子伝。 馬ん長がたらちね。 竹千代さんは鮑のし。クイズ形式に弾けてサゲる仕上げです。 夏丸さんは馬の田楽。一人真打ちにしたい達人の長閑さです。 コント青年団さん。 柳橋師は長屋の花見。温かい人柄に年季がのった…

個性が豊かな光る二ツ目の会

光る二ツ目の会です。 市朗がたらちね。初々しいです。 花飛さんは金明竹。堅い運びにもいっぽんスジが通っています。 緑君さんはくっしゃみ講釈。のぞきからくりなどどの唄も面白くって大ウケ!です。 愛染さんは腕(かいな)食い。不気味さを抑える上方なら…

鯉栄師 楽しく語る鉄砲のお熊

お江戸日本橋亭の定席は鯉栄の会です。 金かんが道具屋。 馬ん長が雑俳。 吉幸さんは元犬。走りながらもいつもより明るく表情も豊かです。 鯉栄師の一席目はおなじみの扇の的。玉虫御前あたりが好きです。 金遊師は野ざらし。ピアニシモから展開する、風情の…

機内必聴 好演が揃ったJAL

JAL名人会です。 一猿が弥次郎。 ほたるさんは猫の皿。店主の面白キャラが笑えます。 萬橘師は長短。蕎麦などの工夫満載で前のめりです。 馬石師は締め込み。卓越した描写力が光る好演です。 ニッチェさん。 竹丸師は西郷どん。何度観ても思いっきり笑え…

気になる面々のシンプー寄席

シンプー寄席です。気になる五人を気にしているよな客席です。 河岸に強いくま八さんは魚根問。気持ちのいいとぼけ具合です。 ガラの気風の鯉んさんは四人癖。適度なザラつきの風合いです。 新作派になった風子さんは桜咲く。定年後の妻の留守は天国のようで…

松鯉師 色濃く演じる男の花道

池袋演芸場の中席です。 昼トリの笑遊師から入って、いきなり抱腹絶倒の祇園祭はラッキーです。 そして夜の部。 みのりが寛永宮本武蔵伝より熱湯風呂。いいね! 松之丞さんは寛政力士伝より雷電の初土俵。とりあえず、迫力満点です。 マグナム小林さん。 昇…

志ら玉師 真摯に語るねずみ穴

立川流夜席です。 かしめのつるにいいね! 寸志さんは近日息子。明るい雰囲気をつくります。 志奄さんは転失気。クスグリがよく効いています。 宗教に強いこしら師はかぼちゃ屋。もはや異端児じゃなく実力者です。 談修師は長短。安心して和んで寛げる本寸法…

鯉丸さんの明るい長屋の花見

神田連雀亭の夜席・日替り寄席です。 旅の仕事から帰ってきたけい木さんは天狗裁き。観るたびちょっぴり大人っぽくなっています。 披露目のチラシの写真が美しすぎる貞寿さんは梅花の誉れ。何と言おうとにかくラブリーです。 小はぜさんは牛ほめ。若いのに、…

談四楼・奈々福で豊子師復帰

第3回目の談四楼・奈々福二人会です。 只四楼が花色木綿。 談四楼師の一席目はおなじみ権助魚。 奈々福師は豊子師匠復帰の日を祝う浪曲での漫談。これは貴重です。 お仲入り。 奈々福師は金魚夢幻。感情の機微も中東からの旅路も描きます。 談四楼師のトリ…

小はぜさん 柳派らしい提灯屋

研精会です。 小多けがたらちね。 正太郎さんは雛鍔。堂々とした厚みのある演じ分けです。 志ん吉さんは幇間腹。メリハリが調子よくなっています。 わん丈さんは妾馬。明るい空気をつくるセンスが光ります。 昇々さんは浮世床の夢。独自のプルプル女を効かせ…

遊之介師 パワー全開の湯屋番

上野広小路亭上席前半の千秋楽です。 遊七がたらちね。 あまぐ鯉がやかん。 鯉津さんは時そば。塀のある型です。 双葉さんは馴染んだ地元の王子の狐。 コント青年団さん。 里光師はこなれておもろい天狗裁き。 円馬師は体幹が強い外柔内剛の短命。 紙切りは…

菊之丞師の艶のある芸 不動坊

池袋演芸場・上席の夜の部です。 市若が金明竹。 こみちさんは要所がもれなく楽しめる稽古屋。 志ん好師はまっすぐな間抜け感がある鈴ヶ森。 奇術はダーク広和さん。 柳朝師は光景を鮮明に描く明朗快活な武助馬。 左橋師は長屋の花見。キレイに鶯が鳴きます…

談之助師の熱演だぁ! 鮫講釈

立川流日暮里寄席です。 笑んがつる。 寸志さんは幇間腹。一八の明るい好調子が冴えています。 笑二さんは道具屋。可愛げのある仕掛けが光っています。 志遊師は蔵前駕籠。メリハリの効いた確かな十八番です。 雲水師はみかん屋。かぼちゃ屋勝りの商魂がさす…

歌奴師 ふところの深い匙加減

JAL名人会です。 一猿が寿限無。 はな平さんは松竹梅。林家の持ち味に豊かな表情がスパイスです。 小夢師は長命。察するまでいろんな工夫が散りばめられています。 好楽師は見事な肝つぶし。情感のこもった語りで味よく仕上げてくれます。 ねずっちさん。…

鳳楽師の風格の佇まい 阿武松

鳳楽・勝千代二人会です。 好也が真田小僧。 鳳楽師の一席目は肥がめ。なかなか演じない軽い噺に味があります。 勝千代師は原爆を伝える伸ちゃんの三輪車。曲は水乃金魚さんです。 お仲入り。 勝千代師は節分にちなんで清水一朗原作という鬼の涙。面白いです…

鯉栄師の流れの豚次伝で快笑

かっぱの勉強会改め演芸会、初回は鯉栄の巻です。 喜之輔が英会話。 伸しんがだくだく。 今春昇進の桃之助さんは持参金。ほんわか愉快な芸風でなごみます。 円満師は蒟蒻問答。流麗に語る運びにふわっと愛嬌がノッています。 談幸師は明烏。立川流のメリハリ…

朝也さん 圧巻の芝居で淀五郎

二ツ目勉強会です。 たま平が高砂や。 喬の字さんは動物園の虎。コシが調子をつくり工夫も効いています。 花飛さんは鹿政談。実直に語るマイルドなストレートスタイルです。 志ん吉さんは王子の狐。地力が育まれた運びに可愛げもノッてます。 小はぜさんはや…

遊子さんのクリアな水屋の富

二ツ目勉強会です。今回の四人は昨年昇進したばかりです。 喜之輔が英会話。 伸しんがまんじゅう怖い。 鷹治さんは桃太郎。面白くてためになる基本形でサラ口を務めます。 吉幸さんは試し酒。得意の気持ちよい呑みっぷりでキメてくれます。 漫才は宮田陽・昇…

伸び盛り揃いの温かい連雀亭

大寒の今日は神田連雀亭の日替り寄席です。 市童さんは弥次郎を安珍清姫まで。はしゃがず落ち着いて笑わせます。 始さんは強情灸。威勢よく鯔背に我慢するキレッキレの江戸っ子です。 ヒゲのA太郎さんはヒゲの宮戸川。力まずに雰囲気で笑いを誘います。 ら…

こみちさん 母の光る火事息子

今日ははなし亭です。 文菊師はまず目薬から、おめでたいざるや。酔狂で調子のいい男を小粋に演じます。 菊之丞師は富久。あえて騒がない抑えた語りが久蔵の哀感を醸して共感を呼びます。 今秋、寿・昇進のこみちさんは火事息子。丁寧な運びがあって、母親の…

茶楽師 柔らかく語る品川心中

広小路亭正月二乃席の千秋楽です。 桜子が安政三組盃より繁蔵の出世。 べん橋が牛ほめ。 喜太郎さんは初天神。 鯉斗さんは転失気。この3本みな子どもたちに大ウケです。 コントは青年団さん。 紫師は中山安兵衛の高田馬場駆け付け。安定感があります。 米多…

柳若さんの朗らかな宿屋の富

今日の神田連雀亭の日替り寄席は当たりです。 八ゑ馬さんは独自の子ほめ。次々に上方らしいツッコミを入れていくスタイルです。 小辰さんはここで鰍沢。抑え目の語りが整った仕草に映える入船亭らしい好演です。 真紅さんは地元水戸の黄門様と松之草村小八兵…

橘也さんの逞しい女房の芝浜

巣ごもり寄席です。今春昇進する巧者を揃えて大入りです。 ろべえさんは大工調べ序。棟梁の啖呵で与太郎も映えます。 時松さんは小ゑん作の恨みの碓氷峠。いい噺持っています。 朝也さんは明烏。源兵衛と多助の江戸の存在感が絶妙です。 橘也さんは芝浜。か…

成金の精鋭達と文治師が熱演

ほくとぴあ亭の初笑い特別編です。 希光が平林。 昇也さんは解題する時そば。美味しそうと中手が入ります。 羽光さんは不動坊。筋が通って情感溢れる上方の魅力です。 小痴楽さんは佐々木政談。頓知頓才を効かせ挑んでいます。 伸三さんはお見立て。落ち着き…

市童さんのしっかりした天災

今年の幕開けの研精会です。 小多けが道具屋。 こみちさんはトンビの夫婦。女房同士の話の具合がさすがです。(右女師作⇒百栄師らしいです) 小はぜさんはやかん泥。じつは難しい噺をユルく渋く演じます。 宮治さんは寝床。パワー全開でくまなく笑わせて本領…

ベテランと若手の魅力 立川流

立川流日暮里寄席の新年はお膝おくりの大入りです。 笑んが子ほめ。 こはるさんは初天神。腕白に演じながら客席を観ています。 左平次師は山号寺号。ほんわか調子に気持ちよくなります。 小談志師は時そば。飽きのこない、プレーンな語り口です。 ぜん馬師は…