ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

小もんさん 初トリは二十四孝

研精会です。 きいちが孝行糖。 正太郎さんは家見舞。江戸の風が吹く語りです。 市楽さんは紀州。心地よい木綿の肌ざわりです。 小はぜさんはへっつい幽霊。細部に気配って空気を醸していきます。 小辰さんは一眼国。さすがの辰の奇譚語りです。 初トリの小…

夏丸師 珍品の発掘と歌の達人

31日目、お江戸日本橋亭の真打昇進披露です。 6人の若い女性ファンが最前列を守っています。 あら馬が雑俳。 翔丸さんはお見立て。丁寧に演じ分けています。 小夢師は茶の湯。嫌味なく小気味よく運びます。 柳橋師は酔っ払い。具合よく年季が入ってます。…

三匹のこぶた 温かでいいね!

平成道産子組の三匹のこぶたちゃんです。 15回目(2年半)にして初めて来ました。 3人のほのぼのトーク。温かい心の通う客席です。 扇さんは加賀の千代。強くしっかりした女房です。 市童さんは大工調べ序。かわいらしい与太郎です。 やなぎさんは天狗裁…

実力をつける四合せ二ツ目達

四合せ二ツ目会の町屋お笑い寄席です。 昇々さんは猫の災難。貧乏感がなく明るく笑えます。 はな平さんはたがや。地の語りが確かで楽しめます。 志ん吉さんは紙入れ。練られてよくなじんでいます。 八ゑ馬さんは寝床。大旦那のキャラが最高に愉快です。 移転…

龍志師のオツな滑稽味 酢豆腐

立川流夜席です。 談洲がつる。 笑二さんは手紙無筆。半分団体の客席を惹き付けます。 談吉さんは天災。キレッキレ上等の屈託を味わいます。 志ら玉師は大安売り。軽いタッチにクスッと笑えます。 小談志師は強情灸。平明でリラックスできて寛げます。 龍志…

広小路亭 梅雨の千秋楽に浸る

上野広小路亭上席の雨の千秋楽です。 あんぱんが元犬。 晴太がたらちね。 五月の寿・昇進の昇市さんは桃太郎。 遊かりさんは寄合酒。あねご肌です。 新山真理さん。 慎太郎師はちりとてちん。頑健です。 紅師は梅雨小袖昔八丈(髪結新三)。 太神楽は翁家喜…

先代追善 馬生師の滋味の笠碁

先代馬生追善の国立演芸場・上席です。 り助が二人旅。 志ん吉さんはたらちね。明快に重みがノッてきています。 馬治師は片棒。語りも仕草も調子も文句のない運びです。 丸山おさむさん。 朝馬師は松山鏡。古今亭の味に剽軽な香味を効かせます。 小里ん師は…

蝠丸師の充実の語り お紺殺し

しのばず寄席です。 金かんが魚根問。 昇吾さんは悋気の独楽。徐々に演目を増やしています。 二代目ショパン猪狩の東京コミックショーのレッドスネークカモン! 朝橘師は試し酒。三遊亭らしい達者な酔いっぷりです。 すずさんは機微を読む阿部善四郎忠秋隅田…

談修師迫真の語り 妲己のお百

立川流日暮里寄席です。 かしめが子ほめ。 寸志さんは庭蟹。おっさんの軽快感がナイスです。 吉笑さんは一人相撲。骨折と汗と笑いの熱演です。 志遊師はつづら泥。やさしく軽妙にして端整です。 ぜん馬師は粗忽の使者。シブいおかしさが素敵です。 雲水師は…

がんばってる連雀亭に行こう!

神田連雀亭の新メンバー顔見世特別興行です。 希光さんは時うどん。上方のいいところです。 橋蔵さんはやかんなめ。微妙にムーディです。 天歌さんは無限しりとり。期待より笑えます。 志の太郎さんは親子酒。シリアスな演技です。 小太郎さんはかんしゃく。…

ふう丈さん挑む 渾身の酢豆腐

二ツ目勉強会です。 かな文がのめる。11月寿昇進に充実しています。 喬の字さんは元犬。かっこいい端整な本寸法です。 市弥さんは天災。イケメンすぎる愉快な八公です。 志ん松さんは松曳き。的確に間をつかんでいます。 まめ平さんは禁酒番屋。お武家の重…

おもしろい池袋下席 彦いち師

池袋演芸場の下席です。 小駒が子ほめ。 扇さんは宗論。細やかな工夫がいっぱいです。 小せん師は野ざらし。長閑な気分で寛げます。 ひろ木師は読書の時間。緩さもまた愉快です。 笑組さん。 文蔵師は目薬。絶妙な間でフルに笑わせます。 小ゑん師は下町せん…

幸之進さん 果敢に柳田格之進

二ツ目勉強会です。 遊七が堀の内。 昇羊さんは夢の酒。新婚さんだけにお花の悋気ぶりが愉快です。 希光さんは竹の水仙。端整な運びできっちり仕事してくれます。 新山真理さん。 楽輔師はちりとてちん。年季を経た繊細な間や仕草が上等です。 真紅さんは怪…

伸治師の素敵な一八 鰻の幇間

しのばず寄席です。 金かんが道具屋。 三四楼さんは浮世床の将棋と本。意外に古典が出来ます。 大正演歌は福岡詩二さん。 雲水師は阿弥陀ケ池の新聞記事。文句なしの大爆笑です。 一邑師は良弁杉の由来。聴きやすくためになり寛げます。 太神楽は小助小時さ…

馬石師の魅惑の話芸 三軒長屋

池袋演芸場中席の夜の部です。 与いちが転失気。 始さんは鈴ヶ森。表情も仕草も上々です。 吉窓師は大安売り。文句なく面白いです。 笑組さん。 喬之助師は初天神。楽しく盛り上げます。 文蔵師はのめる。優しくシブくキメます。 アサダ二世さん。 さん八師…

市馬師 旦那の了見が光る寝床

国立演芸場の中席です。 扇ぽうが子ほめ。 市江さんは権助魚。聞きやすく和みます。 栄枝師は音曲風呂。素朴に語る珍品です。 紙切りは楽一さん。 左龍師は棒鱈。料理屋も珍歌も迫真です。 吉窓師は近日息子。軽く客席を掴みます。 林家ぺーさんの余談。 円…

くつろいで過ごす 立川流夜席

立川流夜席はツバナレしています。 談洲が子ほめ。 がじらさんはかぼちゃ屋。ふわふわとしています。 志獅丸さんは青菜。女房は鉄板のウケ具合いです。 志ら乃師は狸札。軽く演っても熱中先生なんです。 里う馬は浮世床~将棋・本。いい感じの軽味です。 談…

寸志さん活き活き ネタおろし

寸志ねたおろしは...第十五回で...はじめてです。 寸志さんが素人義太夫。ほぼ寝床でギャグが面白く楽しめます。 只四楼が権助魚。しっかり確かめながら挑んでいます。 寸志さんの仲入りは(初演)転宅。プレーンに演じ盛り上げます。 トリは(初演)天狗裁き。…

喬の字さん新機軸 やえむぐら

神田連雀亭の日替り夜席です。気になる面々が揃って大入りです。 市楽さんは浮世床・夢。小屋では息つぎが保ち安定感があります。 昇也さんはお見立て。だんだん江戸のそよ風が吹いてきています。 らく人さんはちりとてちん。山陰の風か独特な存在感がありま…

貞水師の至芸 鮮やかな鋳掛松

大演芸まつり千秋楽の連合特選会です。 和妻は和田奈月さん。 東家一太郎師(曲は美さん)は安兵衛道場破り。 副会長・小さん師は長短。 東京ボーイズさん。 会長・夢太朗師はたがや。 口上。 ナイツさん。 鏡味仙三郎社中。 貞水師は鋳掛松こと鋳掛屋松五郎。…

好楽師の芸と情の調和 藪入り

好楽・陽子二人会です。 西村がまんじゅう怖い。 好楽師の一席目は雑俳りん廻し。ヴィンテージの味です。 陽子師は円山応挙の幽霊画。明瞭に描いて艶があります。 お仲入り。 陽子師はカルメン。文句なしに楽しめるオペラ講談です。 好楽師のトリは藪入り。…

龍志師に快笑 魅惑の五人廻し

立川流日暮里寄席です。 談洲が金明竹。 寸志さんは高砂や。おとぼけ感がさわやかです。 志のぽんさんは棒鱈。ひょろっとした音程です。 談之助師は立川流漫談。おなじみの名調子です。 里う馬師は紙入れ。したたかなお女将さんです。 談吉さんは平林。キレ…

正太郎さん 完全なる品川心中

研精会です。 きいちがのめる。 宮治さんはたらちね。体調不良にめげずに盛り上げます。 小多け改メ小もんさんはかぼちゃ屋。真っ直ぐ丁寧です。 昇々さんはちりとてちん。斜め座りでの悶絶に爆笑です。 志ん吉さんは親子酒。一合上戸じゃない酔いっぷりです…

一蔵さん市弥さん 王子で競う

ほくとぴあ亭です。 楽ちんが寿限無。 希光さんはのめる。上方の"つまらん"が心地よく響きます。 一蔵さんは火焔太鼓。独自の爆笑スタイルが育っています。 市弥さんは明烏。イケメンだけじゃない力が育っています。 双葉さんは王子の狐。地元王子の話題から…

実力者たちの競演 四の日寄席

四の日寄席です。 文菊師はやかん。プッと笑えるムーディな滑稽味です。 左橋師は棒鱈。田舎侍にもどことなく愛嬌があります。 馬石師は三軒長屋。女将ら人物の演じ分けが絶妙です。 駒次さんはさよならヤンキー。ディテールが笑えます。 やまと師は幾代餅。…

心地よい軽み 連雀亭GW初日

神田連雀亭のGW興行の初日です。 吉好さんは反対俥。 歌扇さんは勘定板。 柳若さんは粗忽の釘。 さん光さんはん廻し。 A太郎さんは君の友(ハルくんとチューちゃん)。 はな平さんは紀州。 羽光さんは秘伝書。 花飛さんは豆屋。 羽光さんがお囃子さんあるあ…

好の助師 なごやかな昇進披露

おめでとう好の助‼両国亭昼のGW特別興行です。 いきなり口上。仲のいい面々が揃って和やかです。 しっかり司会した好吉さんはおなじみの釜泥。 やまと師は近日息子。PTA会長の貫禄です。 鯉八さんは多数決。ともに生きるうさぎです。 琴柑さんは扇の的…

しのばず寄席 充実した顔付け

しのばず寄席です。 全太郎が転失気。後でツイスト踊るんです。 鳳笑さんはつる。 枝太郎師は寝床。笑いのサービス精神たっぷりです。 あさひのぼるさん。 爆笑王桃太郎師はルイジアナママ入りカラオケ病院。 貞山師は安兵衛駆け付け。格調高い充実の語りで…

菊之丞師 腕の光る井戸の茶碗

黒門亭の第二部です。 小ごとが道灌。 朝之助さんはだくだく。落ち着いて面白くなっています。 富蔵師はお見立て。誠実な人柄がじわっと滲む高座です。 鉄平師は看板のピン。人生の年輪が感じられる高座です。 菊之丞師は井戸の茶碗。卓越した演技力で上等な…

鯉橋師 やさしく端整に鹿政談

鯉橋の会in日本橋亭です。 幸吾が子ほめ。 金かんが大安売り。 昇吾さんは悋気の独楽。思わず笑えます。 鯉橋師の一席目は崇徳院。丁寧で端整です。 金遊師は置泥。深みがあり余韻があります。 枝太郎師はお菊の皿。楽しく盛り上げます。 ハッポゥくん。 鯉…