ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

里う馬師 凄い強飯の女郎買い

立川流日暮里寄席です。

かしめが新聞記事。

吉笑さんは走馬灯。スジはともかくシュールな生死の描写はさすがです。

談吉さんはよかちょろ。前半をたっぷり演じて、完成を目指しています。

談修師は芋俵。噺の味を活かす盛らない語り口で、無理なく楽しめます。

里う馬師は強飯の女郎買い。厚みに凄みがあります。今日一番の収穫です。

志らべさんは弥次郎。昇進をひかえ果敢に攻める姿勢に好感が持てます。

志らら師はうなぎ屋。ヒザの場でグッと明るく照らすナイスな芸風です。

志ら乃師は粗忽長屋。奇妙な主張に思わず納得しちゃうあたりが素敵です。

個性派が揃った連雀亭で爆笑

神田連雀亭の日替り寄席です。今日は個性派が揃っています。

小痴楽さんは幇間腹。しゃべりに色気があって、しっかり笑いもとれます。

らく人さんは禁酒番屋。独特の軽妙な芸風が少しづつ逞しくなっています。

A太郎さんはほれうそ。反対すぎるに対句もノッて磨きがかかっています。

今秋昇進の志ん八さんはトイレの死神。あるあるとうなづきながら死神の登場に大笑いです。

わん丈さん クリアな花見小僧

研精会です。

かな文が松竹梅。

こみちさんは反対俥。女流らしくエレガントに跳ねていながらかなり笑えます。

市楽さんは粗忽の使者。大師匠から継承されてきた形のツボを押さえています。

市童さんは棒鱈。大らかな珍歌と大人の兄貴分や女将との対照が映えています。

緑太さんは星野屋。お花のちゃっかりした憎めないキャラを巧く演じています。

わん丈さんはおせつ徳三郎より花見小僧。なるほど古典も器用にこなしています。

小んぶさん 力強く端整な死神

二ツ目勉強会です。

緑助が真田小僧

天歌さんは真夜中の集い。とりあえずにぎやかですが、三人くらいで描き込みたい噺です。

花ごめさんは厩火事。緊張が伝わってきますが、それでも気丈に丁寧にしっかり運びます。

三木男さんは五貫裁き。ハラハラの要処難処を的確につかんでいくので見応えがあります。

ふう丈さんはお見立て。大きすぎる声を活かしてとにかく明るく場を盛り上げてくれます。

小んぶさんは死神。力強く端整に演じて惹きつけます。重厚にして繊細な芸風が光ります。

昇々流のステキな御神酒徳利

町屋お笑い寄席です。

志ん吉さんは道灌。大きく構えて余裕を持って笑わせてくれます。

はな平さんは崇徳院。持ち味のあったかい滑稽味を伸ばしています。

八ゑ馬さんは書割盗人(だくだく)。上方らしく楽しく絵を描いていきます。

昇々さんは御神酒徳利(新羽屋まで)。昇々流の善六さんがファンキーでオツで素敵です。

歌之介師 母のアンカにホロリ

今日はJAL名人会です。

一猿が転失気。

円満師は骨皮。江戸っ子らしくサラリと粋に味よく演じます。

太福師は(曲師はみね子さん)地べたの二人。これはガロ系にぶっ跳んでる新・浪曲です。

談慶師は人情八百屋。ぐっぐっと胸にしみる立川流ならではの熱演です。

風藤松原さん。

歌之介師は母のアンカ。お母さんそしてわが子への想いにホロッときます。

小柳師 ほがらかに語る茶の湯

今日は「落語フリーダム」です。

あまぐ鯉が桃太郎。

楽ちんが黄金の大黒。

五月寿昇進の桃之助さんは禁酒番屋。丁寧にほどよい愉快を演じています。

おなじみの~色モノ代わりの~鯉太の~バッタもん歌謡ショー。

笑好師はつぼ算。ひょうひょうとちゃんと語る真面目なキャラクターです。

金太郎師は甲府い。江戸っ子のガラの語りに、人情が温かくのっています。

お仲入り。

鯉太師は子ほめ。演じる話芸じゃなく八公を自身に重ねて意外にオツです。

マグナム小林さん。

小柳師は三軒長屋もある茶の湯。ほがらかに通る声には客席を包む力がありそう…です。