読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

正太郎さん魅せる熱演 愛宕山

ほくとぴあ亭です。

金の助がお父さんは出張ですって他行。

音助さんは深~いか浅いかの七度狐。着実に腕を上げています。

北区の星・鯉八さんはおちよさん。流れ板のつくねの誠治です。

市弥さんは禁酒番屋。イケメンなのになかなか笑わせています。

正太郎さんは愛宕山。汗だくで一八を演じて客席を沸かせます。実力者です。

はな平さんの楽しい品川心中

二ツ目勉強会です。

門朗が雑俳。

かゑるさんは呑める。いつもより丁寧でナイスでYDKです。

緑君さんはくしゃみ講釈。こりゃハッキリ腕が上がっています。

歌太郎さんは転宅。腹の据わったコシのあるお菊が持ち味です。

扇兵衛さんは植木屋娘。おもしろい噺に意欲的に挑んでいます。

はな平さんは品川心中。人柄のいい金造を軸にした明るく楽しい演出です。

鯉津さん しっかり運ぶ宿屋仇

二ツ目勉強会です。

桜子が五郎正宗孝子伝。

馬ん長がたらちね。

竹千代さんは鮑のし。クイズ形式に弾けてサゲる仕上げです。

夏丸さんは馬の田楽。一人真打ちにしたい達人の長閑さです。

コント青年団さん。

柳橋師は長屋の花見。温かい人柄に年季がのった上等な一席です。

昇々さんは弘法大師。この大師は昇々流の新境地を開きます。

ぴろきさん。このウクレレ、いい音です。

鯉津さんは宿屋の仇討ち。基本に忠実に盛り上げてくれます。

個性が豊かな光る二ツ目の会

光る二ツ目の会です。

市朗がたらちね。初々しいです。

花飛さんは金明竹。堅い運びにもいっぽんスジが通っています。

緑君さんはくっしゃみ講釈。のぞきからくりなどどの唄も面白くって大ウケ!です。

愛染さんは腕(かいな)食い。不気味さを抑える上方ならではの話芸が光っています。

江戸でもすねかじりや団子坂奇談は貴重です。

市童さんは大工調べ。政五郎と大家の貫禄はともかく、可愛げのある与太郎が好象的です。

鯉栄師 楽しく語る鉄砲のお熊

お江戸日本橋亭の定席は鯉栄の会です。

金かんが道具屋。

馬ん長が雑俳。

吉幸さんは元犬。走りながらもいつもより明るく表情も豊かです。

鯉栄師の一席目はおなじみの扇の的。玉虫御前あたりが好きです。

金遊師は野ざらし。ピアニシモから展開する、風情のある粋な語り口です。

遊雀師は風呂敷。エロ気と絶妙な間を漂わせて笑わせてくれます。

コント青年団さん。

鯉栄師のトリは女相撲の鉄砲のお熊。白鳥作品を愉快な講談にしています。

機内必聴 好演が揃ったJAL

JAL名人会です。

一猿が弥次郎。

ほたるさんは猫の皿。店主の面白キャラが笑えます。

萬橘師は長短。蕎麦などの工夫満載で前のめりです。

馬石師は締め込み。卓越した描写力が光る好演です。

ニッチェさん。

竹丸師は西郷どん。何度観ても思いっきり笑えます。

気になる面々のシンプー寄席

シンプー寄席です。気になる五人を気にしているよな客席です。

河岸に強いくま八さんは魚根問。気持ちのいいとぼけ具合です。

ガラの気風の鯉んさんは四人癖。適度なザラつきの風合いです。

新作派になった風子さんは桜咲く。定年後の妻の留守は天国のようです。

昇吾さんは松山鏡。いつの間にかじわじわと腕を上げています。

遊里さんは堀の内じゃなく噺家の夢。田舎の雰囲気づくりがさすがです。