ばんたび気がいってたら身がもたねぇ

会社帰りは落語の会へ寄って来るのょウチの人

松鯉師 色濃く演じる男の花道

池袋演芸場の中席です。

昼トリの笑遊師から入って、いきなり抱腹絶倒の祇園祭はラッキーです。

そして夜の部。

みのりが寛永宮本武蔵伝より熱湯風呂。いいね!

松之丞さんは寛政力士伝より雷電初土俵。とりあえず、迫力満点です。

マグナム小林さん。

昇之進師は看板のピン。いつもより力強い語り口で盛り上げてくれます。

とん馬師は犬の目。そして粋に踊るかっぽれです。具合が整っています。

宮田陽・昇さん。

夢丸師は旅行日記。しみじみ味わえる今輔師の名作は芸協ならではです。

茶楽師は寝床。すねた大旦那の復帰の場がじつに上等なヤマ場になっています。

マジックジェミーさん。

鯉栄師は扇の的。客席に配慮しながら、鮮やかに語り尽くしてくれます。

歌春師は強情灸。意外にもこの噺で師匠の艶のある語り口が光るんです。

ボンボンブラザースさん。

役者伝特集の松鯉師は男の花道。半井源太郎はじめ人物のたたずまいを色濃く描いて見事です。

志ら玉師 真摯に語るねずみ穴

立川流夜席です。

かしめのつるにいいね!

寸志さんは近日息子。明るい雰囲気をつくります。

志奄さんは転失気。クスグリがよく効いています。

宗教に強いこしら師はかぼちゃ屋。もはや異端児じゃなく実力者です。

談修師は長短。安心して和んで寛げる本寸法です。

志ら玉師は一門の伝統のねずみ穴。丁寧で真摯な語りが光っています。

鯉丸さんの明るい長屋の花見

神田連雀亭の夜席・日替り寄席です。

旅の仕事から帰ってきたけい木さんは天狗裁き。観るたびちょっぴり大人っぽくなっています。

披露目のチラシの写真が美しすぎる貞寿さんは梅花の誉れ。何と言おうとにかくラブリーです。

小はぜさんは牛ほめ。若いのに、ヒザの軽妙をわきまえながら、張らず力まず笑わせています。

鯉丸さんは長屋の花見。猫がいなくなってウイスキーがあって、明るく笑える貧乏になっています。

談四楼・奈々福で豊子師復帰

第3回目の談四楼・奈々福二人会です。

只四楼が花色木綿。

談四楼師の一席目はおなじみ権助魚。

奈々福師は豊子師匠復帰の日を祝う浪曲での漫談。これは貴重です。

お仲入り。

奈々福師は金魚夢幻。感情の機微も中東からの旅路も描きます。

談四楼師のトリは浜野矩随。若狭屋の喜怒哀楽の端整な演技が見事です。

小はぜさん 柳派らしい提灯屋

研精会です。

小多けがたらちね。

正太郎さんは雛鍔。堂々とした厚みのある演じ分けです。

志ん吉さんは幇間腹。メリハリが調子よくなっています。

わん丈さんは妾馬。明るい空気をつくるセンスが光ります。

昇々さんは浮世床の夢。独自のプルプル女を効かせます。

小はぜさんは提灯屋。柳派らしい肩のこらない滑稽味です。

新しい面々もなかなか演ります。

遊之介師 パワー全開の湯屋番

上野広小路亭上席前半の千秋楽です。

遊七がたらちね。

あまぐ鯉がやかん。

鯉津さんは時そば。塀のある型です。

双葉さんは馴染んだ地元の王子の狐。

コント青年団さん。

里光師はこなれておもろい天狗裁き

円馬師は体幹が強い外柔内剛の短命。

紙切りは今丸さん。

茶楽師は絶妙にオツなタッチで品川心中。

お仲入り。

紫師は中山安兵衛高田馬場駆け付け。

東京丸京平さん。

遊雀師は抱腹絶倒の堪忍袋を序まで。

右左喜師は芸協の宝だぜんざい公社。

奇術は小天華さん。

遊之介師は湯屋番。パワー全開で笑わせます。

菊之丞師の艶のある芸 不動坊

池袋演芸場・上席の夜の部です。

市若が金明竹

こみちさんは要所がもれなく楽しめる稽古屋。

志ん好師はまっすぐな間抜け感がある鈴ヶ森。

奇術はダーク広和さん。

柳朝師は光景を鮮明に描く明朗快活な武助馬。

左橋師は長屋の花見。キレイに鶯が鳴きます。

漫才はにゃん子金魚さん。バナナが入ります。

志ん弥師はいぶし銀の語りがナイスな子ほめ。

市馬師は粗忽の釘柳派の味わいが素敵です。

お仲入り。

菊生師は五目の童話が面白いシンデレラ伝説。

燕路師は妖しさと滑稽味が超絶妙な安兵衛狐。

俗曲は小菊さん。

菊之丞師は不動坊。何度観ても楽しめる、艶のある確かな芸です。